ー山のプロの情報サイトー
2010キノコ採り1
2010キノコ採り1
ブログ
2009キノコ採り
2010キノコ採り
2011キノコ採り
2012キノコ採り
2013キノコ採り
2014キノコ採り
2015キノコ採り
2016キノコ採り
2017キノコ採り
2018キノコ採り
2019キノコ採り
2020キノコ採り
2021キノコ採り
天然舞茸 舞茸風景 天然トビタケ ナラ枯れ
取材
ブログ 2009キノコ採り 2010キノコ採り 2011キノコ採り 2012キノコ採り 2013キノコ採り 2014キノコ採り 2015キノコ採り
TOP
2016キノコ採り 2017キノコ採り 2018キノコ採り 2019キノコ採り 2020キノコ採り 2021キノコ採り
ー山のプロの情報サイトー
2010キノコ採り1
ヌキウチ

この続きは下の2をクリックして下さい
またまたウッカリして
履き物の地下足袋を忘れてきた。
帰るのもシャクだし、急きょゴム
サンダルに紐を通し代用したが、
底が滑るし、足の裏に
小石や小枝が挟まり痛い。
「かと言って履かないよりましだ」

この間抜けな姿を誰かに見られない
よう願い・・・見て置いたトビタケを
急いで回収し、そそくさと引き揚げた。
    8月16日(あめ)
前日の悪夢が覚めぬままに「月山」の山域へ行ってきた。
何と!きょうも大雨が降った。
高を括った小沢も増水し、すんなり帰れず一苦労した。8月15日(あめ)
疲れが溜まって「ボ〜」と、して
カメラの電池を忘れ
景色が撮れませんでした。
       8月7日(はれ)
トビタケのように木の根元に生えたヌキウチ
ヌキウチの下にトビタケ
トビタケ
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちにご配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや п@0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1−23
                              小野正敏      
                         

                            
2カ所のヌキウチを置いてきた。
トビタケは晩生が出てきてこのぶんだと
採取期間が短くなるかも知れない。
     8月17日(雨のち晴れ)
この猛暑でどうやら
熱中症にかかったみたいだ。
吐き気はするし、だるくて前へ
進めない・・・
川につかりつかり
やっと帰って来た。8月6日(はれ)
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
3日前に見て置いた晩生の3本、誰かに採られ跡形も無くなっていた。
「採れる場所がだんだん無くなってきた・・・」
あまり期待できなくなったが、まずは、まだ出て来ない場所をベースに
あっちこっちの知らないブナの木をひたすら廻るしかない。
                     8月18日(雨のち晴れ)
3日続きの大雨でまたしても小沢が増水した
ゴムわらじ?
トビタケ
天気予報は雨だったが
丁山系大沢川源流域を目指した。

小雨が降り続く中、「トビタケ探し」を
早めに止め山を下り始めた・・・

三滝沢を過ぎたあたりで、もの凄い雨が降ってきた。
あっと言う間に川の水かさが増し濁り始めた。
深沢側の崖をよじ登り、深沢の出合いへ降り立った。

杖をつき、渡渉を何度か試みたが水の勢いに圧倒され引き戻された。
時間はまだ昼過ぎ、尾根筋を上って大高巻きをするか迷ったが、
荷が重すぎるので結局、川の水の引くのを待った。万が一の事を考え、
特大のビニール袋を広げ雨よけと寝床を作った。
3時を過ぎた頃、沢水が見る見るうちに減ってきた。
ここぞとばかり一気に渡り切り、山道を行くとまたもや豪雨と化した・・・

ギリギリのところで助かり車へ着いた時は6時を回っていた。
待ち合わせで来ていた千葉県の人が、今朝声を交わした柏ナンバーの
釣人の帰りを心配そうに待っていた。
無事だと良いのだが・・・ 8月14日(あめ)
この「深沢」を横切れば上に山道があり「荒沢」まで続く
いろいろと用事ができ、早めに山を切り上げた。
家に着き時計を見ると、まだ9時前だった「早すぎる〜」。8月12日(くもりのち雨)
朝の穏やかな流れ
前日のにわか雨の影響だろう・・・トビタケが一気に成長したようだ。
小さかった上のトビタケは中一日でこんなに開いてしまった。
                     8月9日(はれ)
「何日続くのだろう・・・この暑さ!」

帰りぎわ、天の恵みか
「待望の雨」が降ってくれた。
  8月8日(晴れのち天気雨)
2回に分けて
運ばなければならない量を
面倒くさく、思い切って
1回で運んでみた。
フラフラになりながら
何とか運べたが
「いや〜重かったごと」。
   8月5日(はれ)
トビタケ
 「けもの道もすっかり草木に覆われなかなか進めない・・・
やむなく沢なりに行くと今度は『メジロアブ』の大群。
やっとの思いで辿り着いた頃には、全身汗でビッショリ濡れていた」。
 
トビタケを見まわした限り、いつもより発生数量が少ないと思われるが、
それでも5カ所の発芽の確認ができた。8月4日(はれ)
月山山域の一角へ行ってきた。

一年ぶりのトビタケ、何とも
言えない重厚さにおもわず
「ニンマリ」嬉しさが込み上げた。

腐ったトビタケが2カ所あった。
連日の猛暑で,
だいぶ早く出てきたようだ。
     8月2日(はれ)
ヌキウチ
腐っていたトビタケ
泥水に染まったダム湖
きょう廻ったコースは老化ぎみの硬めの物が多く
2カ所に生えていた20キロ前後のトビタケを勿体なかったが捨ててきた。
                 8月11日(くもりのち晴れ)
背負子に籠と袋
トビタケ(トンビマイタケ)
TOP
昨日の夕方、台風4号が
県内を通過しました。

行く先の山も
道が土砂に押し流され
崩れたカ所が2,3あったが
何事もなくトビタケを探し廻れた。
      8月13日(はれ)
なじみの山のプロと行き会った。
開口一番「トビタケいっぱい出った!」と満面の笑みで話してくれた。
                 8月10日(はれ)