ー山のプロの情報サイトー
ブログ
2009茸採り
2010茸採り
2011茸採り
2012茸採り
2013茸採り
2014茸採り
2015茸採り
2016茸採り
2017茸採り
2018茸採り
2019茸採り
2020茸採り
天然舞茸 舞茸風景 天然トビタケ ナラ枯れ
取材
ブログ 2009茸採り 2010茸採り 2011茸採り 2012茸採り 2013茸採り 2014茸採り
TOP
2015茸採り 2016茸採り 2017茸採り 2018茸採り 2019茸採り 2020茸採り
2013茸採り1
3
4
5
2
8/18
〜
1
9/13
〜
〜
〜
〜
9/29
10/7
10/16
9/6
9/28
10/6
10/15
11/28
ツブが少し
チチタケ
夏の御馳走トンビ舞茸
8/29に残した幼菌が
この続きは下の2をクリックして下さい
〜
〜
〜
〜
〜
9/6
9/28
10/6
10/15
11/28
深緑の狭間に流れる渓水が足元を濡らす
2013茸採り1
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちにご配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや п@0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1−23
                              小野正敏      
                         

                            
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
去年トビタケを11本腐らせた山域へ行って見ました。

去年よりけっこう早めに来たつもりだったが、トビタケは11本中、2本だけしか
出てなかった・・・それも2日3日来るのが遅く、大半は捨ててきたが、自家用に
少しだけ持ってきた。
収穫としては最悪だったが、久々の過ごしやすい陽気のせいか、清々しさの中に
のんびり下山することができました。
                         9月6日(はれ)
月山山系のこの山域においても、トビタケの新たな芽出しが見られなかった・・・

去年、あまりにも大量に出たとは言え、出て来ても良いはずの木に生えて来ない。
最近の朝晩の涼しさからして、おそらく今年度のトビ茸は終わったのかも知れない。
今後は歩いても、いかに老化してない軟らかい物を探せるか?それのみだろう。

しかし、まだ採り始めてから2週間位しか経っておらず、こんなに早く終わった年など
以前には無かった事だし、全く想像さえもしてなかった予定外である。

だが、奥深い自然の営みからして、この先どう変化するか分からない。
「ひょとすると・・・ひょっとして貰いた〜い」。
                         9月5日(あめ)
今年2回目の大沢川源流域行。

前回見ていたトビタケの回収へ
向かいました・・・
8/27に見ておいたツブや採り残しへ向かったところ、思っていた以上の多さで
久しぶりに2度運びをしてきました・・・

しかし、トビタケの成長は早い「アッ」と言う間にこんなに開いてしまう。
                        9月1日(あめ)
前回見ておいたトビタケは2,3か所無くなっていたが、それでも
予定量を収穫することが出来、まずは一安心でした。
                    8月30日(あめ)
昨晩、大雨注意報が出ていたので
川の増水を危惧し、川渡りのない山域へ
行ってきました・・・
今日入った山でのトビタケは、老化した物が4,5本と
まだ採れそうもない若い幼菌の場所が4,5本ありました。

遅過ぎ、早過ぎの中、どうやら収量を得るに
今回が最悪の時期に来てしまったようだ「次回に期待しよう」
                   8月29(はれ)
今年の夏、全国各地を襲った猛烈な集中豪雨。こちら山形県においても
川の氾濫、土砂崩れなどが随所でみられ大きな被害をもたらしました。

自分が通っている山への道路も、通行止めとなった箇所がいくらかあったが、その分、
多少歩きになったとしても大した支障もなく山入りできることに安心しました。

ところで夏の茸「天然トビタケ」ですが、7月の長雨、日照不足などの影響で、
なかなか出て来なく不安に思っていたが、ようやく2,3か所に発芽が見られました。
しかし、今のところ発生している場所が極めてない上に、出数も見られない・・・
「しばらく間は、空身を覚悟で探し回らねばならないだろう」。
                             8月18日(はれ)
きょう朝一番で行った山域では、全く探せず。
場所を早々と移動し、去年、家の母ちゃんと採ったトビタケを回収してきました。

この場所には、前に2度程確認しに来ていたので丁度採り頃に当りました。
ところで家の母ちゃんを又、誘ったところ「腰が痛いので行かね〜」との
ことで、「来年は行く」とほざいていたが「来年は出っかわかんね〜」。
                       8月28日(雨のち晴れ)
TOP
早朝、泳ぎとなった「二ノ壺」
渓流釣り師にとって、たまらないポイント

老化したトビタケと出始めの幼菌
「トビタケが出て来た〜」

当初、思っていたよりトビタケがあちこちに点々と出て来ました。
早生木から中手木の場所へ、数もそれなりに生え出し、今後の楽しみが増えました。

今日もずいぶんと歩いてきたが、痙攣のケの字も無かった・・・良かった。
                         8月25日(小雨のち晴れ)
久々、蒸れる山中を懸命に駆け廻り、暑さと疲れで全身痙攣状態に陥り一歩進めば太股、
足首、つま先と、二歩進めば腰、背の辺りまで痛さに襲われ騙し騙しやっと帰ってきた。
しばらく休んだ運動不足が原因だろうが・・・そんな中、早生の木のトビタケを少しだけ
採ってきました。
                           8月21日(はれ)
トビタケ(トンビ舞茸)
8/18
3
4
5
2
9/13
1
9/29
10/7
10/16
遠くから丸見えのトビ茸(右画像と同被写体)
まだ薄暗さが残る渓谷沿いを、川床の石に足が取られぬよう慎重にさかのぼった。
川は、前日の雨でいくらか水かさが増していたが、今日はあえて山道を行かず、川から
奥を目指した・・・程なく通称「二の壺」に差しかかり、持ってきたトビタケを包む
新聞紙や食糧などが濡れぬよう二重にしたビニール袋に入れきつく縛った。
案の定「二の壺」は、つま先が立たず泳ぐ羽目になったが、流れくる波を必死に
手でかき分けオーバーに水中に顔をうずめ「プアッ」と息を吐き出しながら、蛙足で
突っ込むと「あれ〜」すぐに川底に足が付き「なんだ〜大したごとねがったや」。

今日は前回ツブだったトビタケを残さず回収してきたが、しかし、新たな「芽出し」が
全くない・・・この山域のトビタケは、早々と、もう終わったのだろうか?
                           9月4日(くもりのちあめ)
トビタケの発生木ブナが根こそぎ数本倒れてしまった・・・それも良質のものが
大量に生える木が倒れている(残念)

トビタケは普通倒れてから2,3年で出なくなる。中には10数年経っても出てくる場合
があるが、そんな場所は稀で、よほどの良い条件がそろわなければ生えて来ない。

「倒れたその分、新しい場所を見つければ問題ないが。」
                          8月27日(はれ)
去年とほぼ同じ出方、量だったが、真ん中の小さなものが
今年のほうが一欠けら多かった
折れた2本のブナの根元に、大量のトビタケが埋め尽くされていた・・・

その群生を前にして、これまで採った量や帰りの事が心配で結局、大きめのもの
一株だけ頂きあとは全部外して捨てて来た。

なお明日は山行を休みます          9月2日(曇りのち雨)