ー山のプロの情報サイトー
ブログ
2009茸採り
2010茸採り
2011茸採り
2012茸採り
2013茸採り
2014茸採り
2015茸採り
2016茸採り
2017茸採り
2018茸採り
2019茸採り
2020茸採り
天然舞茸 舞茸風景 天然トビタケ ナラ枯れ
取材
ブログ 2009茸採り 2010茸採り 2011茸採り 2012茸採り 2013茸採り 2014茸採り
TOP
2015茸採り 2016茸採り 2017茸採り 2018茸採り 2019茸採り 2020茸採り
2
3
4
5
6
7/27
〜
1
8/26
〜
〜
〜
〜
9/14
10/12
〜
10/24
11/4
2012茸採り1
8/23
9/13
10/11
10/23
11/1
11/26
事故数時間後、現場に戻り撮影しました
ー今だから語れるしょうもない自損事故ー
通い慣れた山でこんな事が起きるとは夢にも思いませんでした。
それは去年の8月2日の事です。
いつもの年より早めに出始めたトビタケを採りに山へ向かったのは、
夜明け前の3時過ぎでした。

けして良い道とは言えない林道を、蛇行を繰り返しながら数キロ行った辺りに
平坦な道が長く続く所があります。
そこは、ようやく悪道から解放され、車止め間近なそこへ走り着くと、いつも
安心感か、つい飛ばしたくなるような所でした・・・

その問題の道をいくらか行った辺りで、前方の道が突然消え、車が「フワッ」と舞い
上がって「あっ!」と気付いた時は遅く、車は沢床に横倒しになっていました。

現場付近はまだ薄暗く、車のライトだけが異様な光を放ち、ハンドルを握ったままの
自分は茫然とその光景を眺め、夢でも見ているような錯覚に捉われました。
幸い自分はシートベルトを締めていたお陰で、何の怪我もなく車から脱出できました。

その後、再び現場に戻りよく見ると、沢が道路下に流れていて、その沢水を通す
ヒューム管のようなものが詰まり、流水で道が抜けていたようでした。

もしもあの時、怪我でもし、沢水が車に溢れ脱出不可能になったとしたら、間違いなく
自分は万事休すで恥ずかしい事になっていただろうと思います。

慎重さに欠けた自分が悪いばかりか、事故にあたって多くの皆様に
多大なご迷惑をお掛けしたことは、今尚申し訳なく思っております・・・。

(場所や経過については迷惑が掛かるので伏せて置きます)馬鹿爺
8/23
9/13
10/11
10/23
11/1
11/26
カメラを変えて
撮ったが、写りが
悪いので消しました
この続きは下の2をクリックして下さい,
「どうせまだ早く、何も出て無いだろう」と思いつつ、「せめて確認だけでも」と
蒼く覆われたブナの森へ入り込みました・・・
以前にトビタケを採ったことがある、ほとんどの木を廻って来ましたが、収穫は
小さなトビタケ一個と2か所の幼菌を見つけただけで終わりました。

現時点でのトビタケの出具合は良くありませんが、しかし、いく分遅れているものの、
今月の中頃あたりから出始めるのではないかと、自分なりに勝手な予想をしております。
こればかりは実際、経ってみなきゃ分からないでしょうが、これまでの状況からして
3年前の2009年と似ているような気がしています。もし、そうなれば
「舞茸が出るまでトビタケを楽しめる」と言うことになるのだが。 8月7日(はれ)
先だっての晩に降った、大雨の影響で
トビタケの姿が見えだした。
前年出て来なかった、中手の木にも
ちらほら発生しだした。

天候を含めて、このまま順調に行って
欲しいものです。
         8月15日(はれ)
トビタケはそれなりに点在してきましたが、
今のところ、例年より発生数量が少ないような気がします。
「まあ、それでも不作だった去年と比べれば、生えている分
探しがいがあるが」。
                8月16日(はれ)
「いや〜出ていた!」行くところ行くところトビタケが出ていて、驚きとともに
今日は楽しい「キノコ狩り」日となりました。
量の多さに困り果て「2度運び」をするにも、足場が悪いし、場所まで遠い
今日は無理はせず引き揚げ、明日改めて回収へ向かうことにします。
                      8月18日(はれ)
前日の回収へ行ってきました。
まだ夜が明けぬままに、使われない林道を歩き小一時間。そこから
だらだらと続く長い山道を行き、尾根をよじ登る。頂から足場の
悪い斜面を下り、昨日の採り残したトビタケを回収してきました。

思っていたより量が多く、一回で運び切れず、やむなく2回に分け
て運ぶことにした。しかし、このくそ暑い中、長々と歩き続けて
久々バテテしまった。
夜中の3時に家を立ってから、着いた時は5時を回っていた。8月19日(はれ)
あまりの暑さに何度も川に浸かりながら帰ってきた「一時の極楽だ〜」
薄暗さが辺りに残る、夜明け後まもなく
下記の画像のトビタケに有りつけ、林中へ
隠し置いてきた。
前日の早朝に撮影しました

2012茸採り1
朝早く、忘れたカメラを取りに昨日の山へ向かってみたが、残念ながらマイカメラは
其処にはなかった・・・がっくり肩を落とし大急ぎで他の山へ移動し、見ておいた
トビタケをあさるようにかき集め、背負えるだけ背負って山を下りたが、荷の重さが
とつてもなく重すぎて、ちょこっと進んではしばらく休み、の繰り返しでなかなか車へ辿り
着けない。結局、荷を半分降ろし、2回に分けて運ぶようにした。
家に着き広げてみると、出荷ができる品物の量はわずか7,8キロ位しかなかった。
残りの30数キロは知り合いに配りまくり喜んで頂いたので、きょうは程々疲れ難儀したが
来て良かったと思います。            8月23日(はれ)
                          
ところで明日明後日は地元の祭りため、山行を休みます
ついつい採ったトビタケを無理やり籠に押し込め、黒づませてしまっている。
がさばっても良いからもう少し丁寧に詰め込めるのだった。と今なお後悔しています。

『要はトビタケもマイタケ同様、詰め込みに注意を払い、持ち帰るには15キロ前後が限度で、
それ以上の採取は「2度運び」もしくは「翌日回収」とするべきで、今年のように出番の木が
多く、どうしても廻る予定を変えられない場合は、良いもの順に採取し、後は諦め捨てて
来るしかない』。 8月20日(はれ)
その後、前回見ておいた3本を採ったら、とても一度では運び切れる量ではない。
2度運びを決意し山を下ったが、暑さで体が思うように動かない・・・
「2度運びは今日は諦め、明日改めて出直すことにしよう。」
                             8月21日(はれ)
前日2度運びができなかった上記のトビタケを、まずは朝一で回収し、車傍の林に隠し
今年2回目となる山斜面を歩いてきました・・・

数本の木を見て廻り、一本から20数キロのトビタケを採ることができ、安心しました。
この木は以前に2度ほど腐らせた木で、今回初めて採ることができました。

途中あまりの暑さに、流水に身体を沈め涼んだ時、その場にカメラを置きっぱなしに
してしまい、よって今日の現場写真はカメラの中にあり、幻と化してしまいました。
                         8月22日(はれ)
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちにご配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや п@0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1−23
                              小野正敏      
                         

                            
TOP
林道沿いのこの先に・・・
無残な姿の我が愛車
〜
2
3
4
5
6
7/27
〜
1
8/26
〜
〜
〜
〜
9/14
10/12
10/24
11/4
今日も
写りが悪いので
張りませんでした
鳥海山の山域へ行ってきたが、何と、すでに老化したトビタケがありました。
ほかに3本の木から少しだけ頂いてきました。
しかし「アブ」が強烈なまでに増えだした。  8月10日(はれ)
老生トビタケ
開きトビタケ
きょう入った山から、数量はともかく、3本の木からトビタケを採ることができた。
大して少ない収量であっても、この時期の状況からすれば良しとせねばならない。8月5日(はれ)
ようやくトビタケが出てきました・・・
芽出しは、まだ早生木が殆どだが、そのうち中手も出始めると思います。8月12日(はれ)
前回見ておいたトビタケを回収してきました。
収量の少なさに他の木々を探したが、全然当たりませんでした。
「残念〜でした」。   8月 17日(雨のち晴れ)
「今まで培ってきたものは
    いったい何だったんだろう?」
今年はあまりにも方々にトビタケが出て
いるために運び切れず、分かっていながら
炎天下のトビタケ採りは
暑くて辛いものがあります。よって
「夜明けと同時に入山し、陽が昇る前に
帰る」のが理想的なんですが・・・
分かってはいても今日も、茸の無さについつい探す羽目になり
結局、苦労空しくトビタケの姿は全く見つけられなかった。やむなく川辺に
生えていたツキヨタケ(毒)を撮り、暑い中トボトボと帰ってきた。8月4日(はれ)
アブも出始め、ようやく山も夏らしく
なってきた。

前回見て置いたトビタケを回収し、他の
場所を探し廻ったが、トビタケの姿は
全く見られなかった。7月31日(はれ)
7/27のツブがこんなに開いてしまった
久しぶり山入りして、トビタケ(トンビマイタケ)の様子を見てきた。
トビタケはまだ早く、上記の2か所のみしか見ることができなかった。

夏とは言え、現地においてススキの穂や飛び交うアブの姿は全く見られなく
あと一週間、10日は、まともな収量は望めないような気がするが・・・
「猛暑が続くまでの辛抱か?」       7月27日(はれ)
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから