きょうの収穫は3本から採ってきたが、殆どがこの木1本からのものでした
ー山のプロの情報サイトー
2012キノコ採り3
2012キノコ採り3
丁山地大沢川へ今年初めて行ってきました。

増水すると、遡行困難になる大沢川は
今日は普段通りの穏やかな流れになっていた。

自分の中でもっとも遠い場所にある
今年出番の早生木2本を目指した。

1本目の木は、09.9/28に大量に腐らせた箇所で
2本目も3年前に腐らせていた・・・
まずは1本目に近づくと、小さな株が4,5個
しか出ていなかった。
感が外れ、がっかりしながら2本目に向かうと
ナラの古木の周りにマイタケ群が舞っていた。
「来てよかった」。 10月9日(はれ)

シイタケ
ヒラタケ
TOP
天然舞茸 舞茸風景 天然トビタケ ナラ枯れ
取材
TOP
ブログ 2009キノコ採り 2010キノコ採り 2011キノコ採り 2012キノコ採り 2013キノコ採り 2014キノコ採り 2015キノコ採り
2016キノコ採り 2017キノコ採り 2018キノコ採り 2019キノコ採り 2020キノコ採り 2021キノコ採り
2
4
5
6
7/27
〜
8/23
8/26
〜
〜
〜
〜
9/13
9/14
10/11
10/12
〜
10/23
10/24
11/1
11/4
11/26
3年ぶりに出てくれた
長かったトビタケ採りもこのあたりで終止符を打ちたいと思います。
今後は舞茸を中心に探すつもりでいますが、しかし、その肝心要の
「舞茸の発芽が見られない」・・・蒼々とした山中はと言えば、いっこうに
気温が下がらず、連日猛暑続きの30度オーバー。山歩きをした自分の中で、
こんなしつこい夏はかつて無かったように思います。
この先のキノコのためにも「なんとか朝晩の冷え込みと、雨降ってけろ〜」。
                    9月18日(はれ)
遅ればせながら、ようやく舞茸の菌が
一か所、吹き出してきました・・・
「いや〜、長かった残暑の間隙を縫って、マイタケが一株、元気な姿を現わしてくれました。」
スギカノカも出始め、これからは山も自分もいよいよ本番を迎えることになります。
                            9月28日(くもり)
高みにヌキウチ
オオワライタケ
残りトビタケ採りをしながら、早生マイタケの木を覗いても
今のところ生える兆候は全くありません・・・
比較的早めに生える雑キノコなどの姿もあまり見られなく
この山はずいぶん遅れているようです。 9月17日(はれ)
「見て置いたトビタケは殆どが開いてしまったが塩漬用に採ってきた」
今年初めて、たった一株だけだったがマイタケを収穫することができました。
他に数多く出だした一本を見てきたが、次回まで残ってくれれば良いのだが。
                         9月29日(くもり)
早生ススタケ
ブナカノカ
「やっぱり天然舞茸は良い香りがする〜」
なお、10/1、2日は私用で山を休みます。
前回見ておいた舞茸群へ向かい、まだ薄暗い山道を駆け上った。
地元のプロが自分より先行していて、歳甲斐もなくあせって、途中、2度ばかり
つまづいて転んでしまったが、何とか目的地へ辿り着いた。「あっ、あった!」
誰からも取られず舞茸群は手付かず残っていた・・・
「ここまでくれば安心だ。もう急ぐ必要もね〜、ゆっくり採っぺ」。
次回にいくらか残してその場を後にした。 10月3日(くもり)
相変わらず日中はそれ程でもないが、朝晩の気温はだいぶ下がり
運転席の窓を開けると涼しいというより寒く感じるようになりました。

中5日の6日目でマイタケを採ってきたが、他には中生の木に出始めの幼菌が
1か所だけ出ていました。 10月4日(くもり)
上物のクロフマイタケ
以前にナラ枯れにあった場所に今年も出てくれた
雷が鳴り響く、雨に打たれながら山中を行くと、道端に若い舞茸が数株出ていた。
採るにはまだ早いし、出直そうと思った矢先、下の方から誰かが登って来るのが
チラッと見えた・・・大急ぎで舞茸を外し、その場から離れた。
「こんな悪天候に、山へ来るバカが自分以外にいるもんだ」。
                        10月5日(雨のち晴れ)
ナラの大木が倒れてしまった
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちにご配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや п@0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1−23
                              小野正敏      
                         

                            
若いツブ
秋もたけなわ、道行く足もとには
色々なきのこが目に付くようになり、山はいよいよ活気づいてきました・・・
マイタケは今のところ早出の中生が主ですが、直に盛りになると思います。
                     10月10日(はれ)
ブナカノカ
雑キノコが辺りに見え出し、山は一段と賑やかさを増してきました。
今日の収穫はと言えば、小さなマイタケ一個とヒラタケ、シイタケ、ブナカノカを
少しだけ頂いてきました。             9月30日(くもり)   
鳥海山から少し離れた或る山域へ
行ってきたが、マイタケがぽつぽつ
出始めていました・・・

この様子からすると、平年並み程度は
生えてきそうだ。
       10月7日(はれ)
スギカノカ
4日前見て置いたトビタケの回収に行ってきました・・・

今日も無理をせず2回に分けて運んできました。
おそらく「2度運び」のトビタケは、これが今年最後になろうかと思います。
ところで舞茸は「高温少雨」の為、かなり発生が遅れています。
天候が変わるまで、しばらく間じーっと我慢して待つしかない・・・。9月14日(はれ)
9/29日に見ておいたマイタケを
回収してきました・・・
多少若かったが
9/28の日に今年初めて目にした
舞茸の採収に行ってきました。
ツブの幼菌が2ケ
前日に続いて、またもや木が倒れていた。
それなりに採れる木でもあり、残念で
ならない。まあ、今日は採れたが
あと何回採れることやら・・・
マイタケを採り終え、腰をおろし
パンをパクついていたら、なにやら上の方
から鈴の音が近づいてきた。
いつも来ているライバル相手のじんちゃん
だった。「出ったが〜」「採った!」。
いや〜危なかった・・・タッチの差だった。
         10月8日(はれ)
きょうは二股掛けて廻って来たわりには、あまり収穫はなかった。

自分が行っている今年の山は、マイタケは生え出してはいるものの、まばらで、一斉には
出て来なく、あっち行ったりこっち行ったりと、歩く距離が長く、大量に出ていれば
問題はないが、一個、二個じゃ一向に溜まらなく、ついつい歩かざるを得なくなる。
と、言い訳じみた愚痴をこぼしている今日この頃の爺でした。
                       10月11日(晴れのち雨)
この木一本から採りました
塊りが7.5キロありました
11/26
この続きは下の4をクリックして下さい
8/23
9/13
10/11
10/23
11/1
〜
〜
〜
〜
〜
〜
10/12
10/24
11/4
9/14
7/27
2
5
4
8/26
6
家の母ちゃんに急かされ久しぶりに山入りしたが、山中の光景は以前とあまり変わらなかった。
マイタケの超早生木を数か所廻ってきたが、まったくの兆しなし。
がっくり肩を落とし引き上げると、道辺に一際映えた茸のオオワライタケが大笑いしていた。
                             9月26日(はれ)