ー山のプロの情報サイトー
2012キノコ採り4
この続きは下の5をクリックして下さい
崖上に生える舞茸
県境の稜線が向こうに見える
降りしきる雨の中、前回7か所に見ておいた舞茸の回収へ行ってきたところ
舞茸はことごとく誰かに取られ無くなっていた・・・始めから分かっていたので、
これもしょうがない。
「地元のプロが3日ないし4日で廻っているのに対して、自分は今回9日目に来てしまい、
これも無くなって当り前である。
せめて5、6日目だったら可能性は無きにしもあらずだったが」。

最後の頼みだった、誰からも採られたことのない場所の数株もむなしく消えていた。
結局、舞茸探しに今日一日翻弄され疲れ果てたが、「こんな日もある。明日にかけよう。」
                      10月23日(あめ)
眺める一帯の風景もいつしか色づきだして、秋の深まりをつくづく感じられるようになりました。

舞茸採りも、あっち、こっちと追われながらも気がつくと、いつの間にか後半に入って
しまい、日々の速さにどうしようもない焦りを感じています。と、いうのも
まだ一度も廻ってない山が、4か所もあり、おそらく大半は腐れていると思うが
しかし、今後のために廻らねばならず、できればもう一つ体が欲しいところです。

ところで今日の舞茸は殆どが前回の残りものでしたが、まあまあの収穫で安心しました。
これからもうしばらく回収作業が待っている・・・がんばれ〜じじい。 10月22日(はれ)
きょう当店オープン以来、初めてのテレビ取材依頼を受け
なんとか滞りなく終えることができました。

このことに関してはまだ公開できませんので伏せておきますが
大笑いの連続だったその日のことは、後日改めてご報告したいと思います。
「乞うご期待ください」。
                  10月20日(はれ)   
以前は下の方には出てなかった・・・想定外で怖かった!
「当サイト『天然舞茸』に貼ってある
同じ場所に同じように生えて来ました」
上質のものが出ていた
天然舞茸 舞茸風景 天然トビタケ ナラ枯れ
取材
ブログ 2009キノコ採り 2010キノコ採り 2011キノコ採り 2012キノコ採り 2013キノコ採り 2014キノコ採り 2015キノコ採り
TOP
2016キノコ採り 2017キノコ採り 2018キノコ採り 2019キノコ採り 2020キノコ採り 2021キノコ採り
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
8/23
9/13
10/11
10/23
11/1
11/26

2012キノコ採り4
ヤマブシタケ
ブナカノカ
滝のような雨が空から降り注ぎ、車のボンネットを叩き続けている・・・

着替えを終え車内で待機をしているが、先ほどからの強い雨が一向に降りやまない。
時計を見ると6時を回っている。「いつまで、もたもたしていられない。」
意を決し、見ておいた舞茸へ向かって突入した。
この山域の舞茸は今日殆ど回収し、あとは来年まで来ることはもう無いだろう。
                      10月21日(雨)
自分が舞茸採りをする中で、一番危険な場所へ行ってきました。

以前は危ないと思いながらも何とか採れたが、今回は歳も歳だし、一応ロープを用意し
目的のナラの木へ向かって攀じ登った・・・途中見上げると、予想通り舞茸が生えていた。
近づくと木の根の上に4株と下に2株だった。まずは木へ縛ったロープを体に巻きつけ、
慎重に下りた。上の舞茸は問題なく採れたが、下の方の2株は大変だった。崖下を覗くと
ほぼ垂直だった・・・「お〜、あぶね〜」。鉈で舞茸をえぐり何とか外せたが、だいぶ
崩れてしまった。「今度来るときはハーネスを持って来よう、それとも退却か?」その後
3本の木から良質なものを採り、久しぶりに達成した喜びに浸りながら、車へと足を速めた。
                           10月16日(はれ)
きのうに続いて山から帰ったのは
5時を過ぎていた。

きのうは2日分の山をを廻り、きょうも
二股を掛けた為に遅くなってしまった。
できれば、狙いをつけた一か所の山で
切り上げたいと思っているのだが・・・。
       10月15日(はれ)
自分も今までここでは、何度も川を渡れず怖い思いをしているが、馬鹿だから懲りずに
又こうして来てしまっている。大沢川の魅力が他にあるのでこれもしょうがない・・・
当初は2日後に来る予定だったが、天気予報の雨マークに促され今日の山入りとなった。

それでも舞茸はいくらか若めだったが、順調に育っていて良質のものが採ることができました。
                         10月12日(しぐれ)
前回、途中に見ておいた舞茸の回収へ
大沢川源流域へ再びやってきた・・・

何度も繰り返すが、普段は穏やかな大沢川は
ひとたび増水すると一変し、遡行困難になり
大変な目に遭ってしまう。
TOP
今年の舞茸は平年と比べて、2週間から20日位は遅れているように思います。
不作になった去年と違って、舞茸の出具合は良く、大概のところに生えて来ているようで
自分としても忙しく、まだ廻っていない山も数か所あり、行かねばと思いながらも
ついつい見置きの場所へと足を向けてしまっています。立てた計画表も日ごとに変わり、
ままならぬ「体一つの世界」に四苦八苦しています。
これも豊作ならではの嬉しい悩みだが。 10月14日(はれ)
当サイトの「舞茸風景」の中にある「切り株に生える」に
以前貼りつけた画像の古木に、久しびりに舞茸が生えていました。

こんなにボロボロになっても生えてくるとは、おそらくこれが
この舞茸にとって「最後のがんばり」で出てきたのかも知れない。
                   10月17日(はれ)
タマゴタケ
古い切り株
11/26
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちにご配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや п@0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1−23
                              小野正敏      
                         

                            
〜
〜
〜
〜
〜
〜
10/24
11/4
8/23
8/26
9/14
9/13
10/11
10/23
11/1
10/12
〜
4
6
7/27
〜
〜
〜
〜
〜
3
2
5
9/14
3
2
5
10/12
10/24
4
6
11/4
7/27
8/26