ー山のプロの情報サイトー
2012キノコ採り2
前日の雨で新たに芽出しが
見置きのトビタケも残り数本足らずとなってしまい、長かった自分にとっての
今年のトビタケ採りもいよいよ終わりが近くなって来たようです・・・

量はともかく8、9割方出てきた今年のトビタケ、多少の乱生ぎみに、
正直なところ採取作業に飽きも来なくもなかったが、何はともあれ
自然の恵みに感謝し、残りのトビタケを楽しんで採りたい・・・。      
                     9月13日(くもり)
きのう運び切れなかった残りを、まずは
回収し、車近くの草むらへ置いてきた。
鳥海山から少し離れた行きつけの山域へ、今年初めて行ってきたが
この山はすでに、だいぶ前に終わっていた・・・

とくに奥へ行くほど腐れが目立ち、出ていた木を11本確認してきたが
まともなトビタケは見られなかった。
手ぶらで帰るわけもいかず、味噌漬用に少々のヌキウチと老化したトビタケを
背負ってきた。「来年は絶対早く来る」と誓いながら。
                    9月2日(はれ)
TOP
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
3
4
5
6
7/27
〜
8/26
〜
〜
〜
〜
9/14
10/12
〜
10/24
11/4
開きすぎたトビタケ
どうせ誰も来ないだろうと思い込み、前回、道端に見て置いたトビタケを
後回しにして、他の場所を探し回ってしまった。その後、目的の3か所へ
向かったところ、何と!トビタケはきれいに無くなっていた。
察するところ、たった今しがたのようだった。
「やっぱり道端は危険で油断はできない」。  8月31日はれ)
9/4に見て置いた3本へ向かったところ、案の定トビタケは開き過ぎていた・・・
前回すぐ近くまで来ていたのだが、途中で満杯になり寄れず、これもしょうがない。

トビタケも「そろそろか?」と思いきや、隣りの倒木に、今頃になって幼菌の「ツブ」が
出始めていました・・・またまた最終日が延びました。 9月10日(くもり)
今日も1度で運び切れない量のトビタケ採取となってしまいました。
無理をすれば運べなくもなかったが、明日出直すつもりで山中へ置いてきた。
                       9月9日(くもり)
前回見ていた車道から直ぐの場所へ,、久しぶりに家のかあちゃんを誘い、
コンテナと段ボール箱を持ち込んでトビタケの回収に行ってきました。

トビタケは誰からも取られず順調に育っていて、我々夫婦のために待って
いたかのように生えていてくれた。「ありがとう!」
                        9月8日(はれ)
トビタケ&家のかあちゃん
いくらか飛びかうアブの数は減ったが
朝晩の冷え込みはあまり感じられない。
茸が若いものが多かったので、久しぶり2度運びをしたが、
一頃と違い、上り下りをする力はかなり衰えたが、その分周りの景色が
よく見えるようになった。          9月6日(あめ) 
今日のこの雨で季節の移ろいも足早に変わるだろう・・・
トビタケもあちこち点在し出して、しばらく間、回収作業に駆け廻らねば
ならない。が、「誰かも取られず残っていればのことだが」。
                 9月4日(くもりのち雨)
2日後に行く予定だが、それまで残っていてくれるかな?
真っ黒に日焼けした左隅のトビタケ
前日の山域とは一転し、月山山系に位置する、とある山へ入ったところ
なんと9月3日だというのに、発芽し出したトビタケが4か所ありました。
生木はおろか、今頃になって倒木に出始めたものもあり、ただ驚くほかはありません。
時期がずれ込んだ山中は、夏盛りのようで、「セミ」の鳴き声や飛びかう「アブ」は
いまだに衰えなく、秋にはまだ程遠く感じられました。 9月3日(はれ)
その日のトビタケ採りは、歩く順番を前もって決め、生え出ていたものは
大きめの物だけを採り、ほかは次回にまわす。
採った物はできるだけ持って歩かず、数か所にまとめて置き、帰りに回収し背負いあげる。
ついつい採り過ぎると、荷の重さで歩行のバランスが取り難く、進むのに時間がかかる。
また、無理して大きく積み上げると、枝木にぶつかりキノコ自体が傷んだり壊れてしまう。
あまり欲張らず程々が良いのだが・・・今日はいい加減「重で〜ごと」。9月5日(くもりのち雨)
前日と同じ時刻に
      雨が降ってきた。
早朝からパラついてきた雨模様で、乾ききった山肌にいくぶん潤いをもたらした
気もするが・・・欲を言えば、もう少し降ってくれたらなお良かったが。
自分もカッパを着る間もなく、天からの頃合いの良いシャワーを浴びながら
山中を軽快に廻れました。
トビタケも芽出しの生木が2本ばかりあったが、おそらくこの雨で、遅ればせながら
さらに芽出す木があるかも知れない・・・。       8月30日(あめ)
半分諦めかけた「生木」にようやく待望のトビタケが生えだして来ました。
これで間違いなく、少なくともあと一週間は楽しめそうだ。
                     8月29日(はれ)
7月27日から採り始めたトビタケもちょうど一か月経ち、そろそろ終わりが近いようです。
眼にするトビタケは全て開いていて、硬くなり始めたものが大半でした。

今日歩いた山域も他の山々と同じで5.6日前が最盛期のようでした。しかしながら収穫時期が
重なるにせよ、大量に辺りを埋め尽くすトビタケ群を目の当たりにし、分かっていながら
廻り切れなかった、おのれの体力の無さと自然の営みに、ただ、ため息を吐くのみでした。
                           8月26日(はれ)
「次回はもう少し早めに来よう」
8/23
9/13
10/11
10/23
11/1
11/26
今日も昨日に続いて、トビタケの2度運びをして来ました。
一度終わりかけたトビタケだったが、第2弾が好調でもう少しの期間採れそうだ。
                          9月7日(くもり)
品物は軟らかく壊れやすい

今ごろツブが・・・
この木一本から良質のものがこれだけ採れた
2日前に見て置いたトビタケを
回収してきました・・・
この場所はかろうじて助かった
11/26
この続きは下の3をクリックして下さい
2015茸採り 2016茸採り 2017茸採り 2018茸採り 2019茸採り 2020茸採り 2021茸採り
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちにご配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや п@0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1−23
                              小野正敏      
                         

                            
8/23
〜
〜
ブログ 2009茸採り 2010茸採り 2011茸採り 2012茸採り 2013茸採り 2014茸採り
2012キノコ採り2
〜
7/27
TOP
9/13
10/11
〜
10/23
〜
〜
8/26
天然舞茸 舞茸風景 天然トビタケ ナラ枯れ
9/14
取材
11/1
10/12
10/24
3
4
5
11/4
6