ー山のプロの情報サイトー
2016キノコ採り5
7/29
9/21
10/11
11/4
8/23
5
2
3
4
山へ来る人影もなく、辺りに寂寞とした風が流れていた。
そんな中での茸は何もなく、此の地の茸は間違いなく不作だった。11月8日(はれ)
雨や雪が降りしきる中、
きのうと同じ山へ行ってきたが、あまりの寒さでいくらも経たないうちに引き返してしまった。
車へ戻り帰ろうとしたが、せっかく来て、ただ追い返されるのもしゃくだし、奥への採り場は
あきらめ、これまで入ったことがない近場を探し廻って・・・運よく少しのナメコと出合えた。
                              11月28日(みぞれ)
真っ白な雪をバックに生える寒さ知らずのナメコ
きのうの山と違って、きょうの山はまったく雪が降ってなかった。
やっぱり雪があるなしでは気持ち的にも寒さが違い、きのうほどの身の応えはなかった。
それに、キノコの生えてる姿が遠目からも確認できる。 11月12日(くもり) 
サワモタシとナメコ
寒々しい沢の流れ
暖かな陽ざしを浴びながら、あっちへこっちへと、キノコを探し求めて歩き廻ってきました。
収穫量はともかくとして、きょうは、ゆったりのんびり自然を楽しむことができた。
                          11月14日(はれ)
今年度のナメコは不作になり、例年になく採取に励みました。
雨で水かさが増していた
尾根沿いに根を張り しがみ付くように立つ樹々
こちらの地方では”粒ナメコより開きナメコ”の方が人気があります。

粒のナメコは品が良く、お吸い物には適しているでしょうが、山形県内では昔より
開きナメコをドバっと入れた味噌汁が好まれてきたようで、冬の定番「納豆汁」には
開きナメコは欠かせません。 11月22日(くもり)
~
~
~
~
~
天然舞茸 舞茸風景 天然トビタケ ナラ枯れ
取材
ブログ 2009キノコ採り 2010キノコ採り 2011キノコ採り 2012キノコ採り 2013キノコ採り 2014キノコ採り 2015キノコ採り
TOP
2016キノコ採り 2017キノコ採り 2018キノコ採り 2019キノコ採り 2020キノコ採り 2021キノコ採り
2016キノコ採り5
5
2
3
7/29
~
8/22
~
9/20
9/21
~
10/10
10/11
4
~
11/3
11/4
~
12/5
8/23
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちに配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや ℡ 0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1-23
                              小野正敏      
                         

                            
開きナメコ
苔を突き破り顔をだすヌラメキなめこ「すぐお送りしよう」。
早送りされたように月山は冬景色になっていた
燃えるような光景に思わずカメラを構えてしまった
見渡す雪景色の中へ入り込み、場違いのキノコ採取に行ってきたが、ほとんどのキノコは過ぎていて
採れるようなものはなかった。はてさて、ご注文もあることだし「この先どうしたものか。」
                              11月24日(くもり)
今年度の茸採りはこれにて終わらせて頂きます。

朝方車から降りると、いきなり冷たい外気に襲われ、急いでアノラックを着込んだ。
しかし何だか物足りず、さらに、その上にカッパを着ての出で立ちで向かった。
服がモコモコして歩きにくかったが、暑くなるのを期待しそのまま着続けた。

それはともかくとして、いくら探し廻っても「ナメコがない」。初めからダメな予感はして
いたが、案の定、背のザックは空のままだった。そんな無駄歩きの一日だったが、なぜか
心の曇りはなく、きょうの空のように晴々していた。 12月4日(はれ) 
スタッドレスタイヤに履き替えた足回りで、我が愛車は難なくスムーズに終点まで行けた。
きょうはまだ歩いたことがない数か所の山中を廻ってみたが、ほんの少しの茸しか見当たらなかった。
たった一人だけの偵察隊は、やむなく退却し早々に山を下りてきた。「しょうがね、次がんばれ」。
                                11月19日(あめ) 
月山から集まった流水が、もろに注ぎ込む此のダム湖の水量は、この時期になるとめっぽう増えだし、
ダム沿いに作られた山道が埋まり行けなくなる。
よって急斜面を草木を伝い高巻くことになるが、これがけっこう危なく辛いものがある。
しかし、もし此のダム湖が無かったとしたら人の出入りが今の数倍にもなり、おそらく山の物を採るに
容易ではなくなるだろう。それはさておき「きょうは寒かったや~」 11月16日(雨とみぞれ)
ダム湖は思いのほか満々と水をたたえていた
きのうとおとといの雪降りで、山行きを2日間見合わせていたが、
様子見がてら、真室川方面の山へ行ってみた・・・小沢沿いの両側斜面を上り下りし、
茸を探し廻ってきたが、ナメコの出具合はいつもの年の2、3割りしか出てないようだった。
そんな悪い中にあって、未だにサワモタシがポツポツ姿を見せていた。 11月11日(小雨) 
自分が様々なキノコを見てきた中で、”ナメコほど可憐な姿”をしているキノコは他にないように思う。

1,ヌラメキ 2,きれいな色 3,密集した塊(特にツブ)などが目を引き、いかにも旨そうに見える。
人それぞれ見方はあるでしょうが、自分にはそんな風に見えて採取する際も舞茸と違った嬉しさが湧く。
                                    11月6日(はれ) 
青空に映えるブナハリタケ
きょうの収穫はいろいろでした
誤って
前日の画像を
重複していました
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
きょうの天気もあまり良くなく、冷たい雨に強風、おまけにアラレまで降っての
寒い一日になりました。よっぽど早めに退散しようと思ったが、何とかこらえて
動き廻ってきました。 11月4日(あめ) 
TOP
ブナの大木にナメコがポツリポツリと
猛暑続きだった今年の夏は、発生条件の揃ったトビタケの豊作が見込まれたが、
その予想を反して不作になった。
おそらく前年至る所で発生し過ぎた、豊作が原因だろうが。
また、極端な雨量の少なさも要因の一つかも知れない。

前年あまり良くなかった舞茸は、舞茸が好む雨がけっこう降り続き、
トビタケと違わず条件が良かった。
山によっては殆どの木に発生し、プロ同士が競って取り合う山もあった。

それと自分ごとだが、年々採る木が減る中での今年の山歩きは、しつこいほど
何度も廻ったことが、収穫に繋がったと思っている。
よって自分のなかでの舞茸は、まずまずの豊作になったと言えるが、しかしながら
順序的には来年はどうなるのだろう。
が、たとえどうなろうと、ただひたすら懸命に駆け廻るしかない。がんばれ~爺。
きのうと打って変わって、きょうの天気はすがすがしい秋晴れとなった。
途中、地元の青年渡辺さんと出合い、採取しながら下山を共にした。
ところで此の地でのナメコはまだツブ揃いで、いくらか早いようだった。
                         11月5日(はれ)
いつしか派手な色合いに染まっていた
今年度2016年に収穫した茸画像を下記に集約ました
”感謝の念”
帰りに、頂から改めて全貌を俯瞰すると・・・
ことし恵みを授かった一帯から「ことしはもう来るな~」と云われた気がした。

しばらく来れなくなる寂しさのなかに、感謝の思いが込み上がり、おもいっきり叫びたい衝動にかられた。
                              12月5日(あめ)   
積もった雪を踏みしめながら、月山山系のある一角へ分け入ってきました。
さすがに倒木や根の周りのキノコは雪で埋もれて見えにくく、歩くにもすんなりとは進めなかった。
ときおり顔に吹き付けるみぞれが冷たく、つくづく冬の訪れを肌で感じた。11月27日(曇り後 みぞれ)
”ナメコの下ごしらえ”
付いたゴミを水で洗い流してから調理する。
その際、ナメコの「ぬめり」が、なくなると思われがちですが、ナメコはいくら
洗っても「ぬめり」が出てくるので、ナメコ独特の風味が楽しめます。

身体がポカポカ温まるナメコ汁は、寒い日での食卓にうってつけです。
                          11月21日(はれ) 
葉も落ちすっかり裸になってしまった木々・・・雪で覆われるのも間近だろう
「バリッバリッ」と、凍り付いた落ち葉を踏みしめながら、寒々とした山道を突き進んだ。
一時間位上った辺りの陣地に荷をおき、ナメコの採り場へと駆けずり廻ってきた。
前回見ておいたナメコは、予定通りの姿になっていて先ずは安心しました。

放射冷却現象で”凍みたナメコ”は身がしまって旨みが増し、さらに美味しくなります。
本日のナメコは数名のお客様へ即お送り致しますのでお待ちください。11月18日(はれ)
”天然ナメコが生える所”主にブナやナラの広葉樹全般の倒木、立ち枯れ、折れ木、切り株など
に生えてくる。場所として、陽当たりの少ない沢沿いや風通しのいい湿気のある環境を好んで
発生する。木はそれぞれ特徴があって一定の出方はしないようだ。例えば、一度採った後から、
生える個所を移しながら、何度も生えてくる木もあり、一度出た切りで終わる木もある。

古木、盛り木、菌糸の付き具合によって、出方に違いが起こるのだろう。11月13日(はれ)
本日のナメコはN様他数名のお客様へお送り致します「有難うございました」
”ナメコは木の皮を突き破って生えてくる”が、木の皮が剥げたところには次第に出なくなるので
採取の際は、できるだけ皮を剥がずに採った方があとあと良い。かといって、いくら気を付けても
雨風雪で自然に剥げてくるからどうしようもないが。   11月7日(はれ)

きょうの強風雨で、せっかく綺麗に彩った木の葉が、見る見るうちに
吹き飛ばされ落ち始めている。そんな景色が変化し続ける山中を探し巡り
少しばかりの収穫物にあり付けた。11月15日(あめ)
”スパイク付長靴”きのうに続いての寒い一日になった今日。
足のつま先があまりにも冷たく、一度車へ戻り、地下足袋からスパイク付長靴へと履き替え
出直して歩いてきたが、この時期の川漕ぎがない所では、足回りはこれに限る。
                             11月17日(あめ)
”お詫び”ご予約頂きましたお客様へは、お届け出来ず心よりお詫び申し上げます。
                        大自然 まるかじりや 
8/22

すっかり寂寞とした風景になった
派手な色彩からモノクロ色になった
カチカチに凍みたナメコ
9/20
10/10
11/3
12/5