トビタケが出始めてから、あれよあれよと言う間に一か月が経ち、今年度のトビタケ採取は、
自分の中では残念ながら、不完全燃焼のままに終わってしまったようだ・・・

3年ぶりに訪れたチャンスだったが、今後2,3年先あたりか再度豊作になったその時には、ことしの
ことを肝に銘じ、今から採りまくるつもりでいる。話がそれるが、きょう舞茸の木を見回りながら、
4日前見残しのススタケへ行ったところ、さらに新たなススタケが4個ほど出てきていた・・・
都合よく解釈すれば、舞茸の芽を探すついでに、また「回収に来てみろ」といった自然からの
温かい誘い?なのかも知れない。.よし「5,6日経ったらまた行ってみっか」  8月30日(小雨)
きょうは山へは行かず、家でパソコンいじりをしている。
しかし、こうしてトビタケ採取のブログを改めて読み返すと、「開き過ぎ」「硬過ぎ」「遅過ぎ」と
毎回、採るタイミングを図れず、過ぎた物ばかりと愚痴ってしまっている。
本当は良いものばかりをズラッーと採集し、これをご覧のお客様にお見せしたかったのですが・・・。
まだトビタケは終わってませんが、舞茸だけは、ぜひ叶うよう今から頑張る所存でいます。
今年度のトビタケと同じくして、プロ同士の間では「舞茸も今年は豊作になる」と囁かれています。
                                  8月27日(自宅にて)
 間違い、舞茸はあまり良くありませんでした。
久々家の母ちゃんを誘い、例によって道端近くの場所へ、天然トビタケ採取と相成りました。
まあ、こんな場所でなけりゃ連れてくる機会もないので、このトビタケ木には素直にありがたく
思っています・・・それはそれで、今回のトビタケの量は前回よりいくらか少ないようだったが、
採らせて貰っただけでも十二分に良しとしたい。  8月21日(くもり)
きのうと打って変って、きょうは雨が降りそうで降らないぐずついた空模様となった。
ときおり吹き抜ける風も熱風からいくらか涼風に変わったような気がするが。しかし、もし
季節の移ろいがアクセルを踏み、早めたとしたら、まだ出て来ない晩生の木もけっこう有り
ここはあまり急がず、徐々に変わってくれれば有難いのだが。 8月12日(くもり) 
ブログ 2009キノコ採り 2010キノコ採り 2011キノコ採り 2012キノコ採り 2013キノコ採り 2014キノコ採り 2015キノコ採り
このブナの木の根元に、この上の遅過ぎのトビタケが生えていた
このコンテナ3箱を持ち込みました
長靴にジーンズ姿の母ちゃん(自分より2才下の6?歳)
撮影時間8:55
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
丁山地流域明神沢へ行ってきたが、眼にするトビタケの多くが過ぎた物ばかりで、とても
しまい込む気になれないスルーの連続だった。
此処へは、毎年早めに行かねばと思いつつも採り場までけっこう遠いために行きそびれ、
結局のところ、後始末に追われる羽目になっている。
これも「分かって来ているのでしょ~がねぇ」。  8月24日(くもり)
極早生のコウタケ(香茸)右下の小さいものは置いてきた
撮影時間6:26
撮影時間7:31
撮影時間8:42
若いトビタケの上に老いたトビタケ
4日前運びきれずに残しておいた場所へ回収に行ったところ、トビタケは待ったなしで
傘を広げ成長していた・・・予想通りとは言え、トビタケの成りは呆れるほど早い。
他に2か所ほど採ったあたりで、背の荷が重くなり、もう一か所廻る予定だった木は
あすに持ち越すことにし、きょうは早めに下山した。

「きょう廻れなかった、あした向かうその木は、ツブを見てから9日目にもなり、
たぶん硬く大きくなっているだろうが、次回のため行くしかない。8月15日(あめ)
触ると崩れ運びにくい
きょう入った山域の木々は開きトビタケが殆どで、ツブの姿は見られなかった。
探し回れば芽出し始めの場所もなくはないだろうが、晩生期に入ったことは間違いないと思われます。
                              8月18日(あめ)   
行くところ行くところ開きトビタケばかり
開きトビタケ下はヌキウチ
ー山のプロの情報サイトー
2015キノコ採り2
2016キノコ採り 2017キノコ採り 2018キノコ採り 2019キノコ採り 2020キノコ採り 2021キノコ採り 2022キノコ採り
顔がよく見えないので下記にもう一枚「はい、粉チーズ」。
撮影時間4:49

2015キノコ採り2
あれ程いたアブの群れも日増しに少なくなり、夏の終わりがゆっくりと近づいてきたようだ。
自分が知っているトビタケの場所の殆どが出尽くしてしまい、しだいに行き場がなくなってきている。
今後はまだ出て来ない数少ない場所を追い求め歩き廻るしかない。 8月23日(くもり)
TOP
本流と雷神沢の出合い
軟らかい物だけを戴いてきた
明神沢の奥へは川通しするしかない
自宅撮影14:09
撮影時間9:08
撮影時間10:46
ヌキウチ
硬くなった
  
                        
  
                        
撮影時間5:53
這う根元にトビタケ
きょうは全くもって収穫の無い最悪な日になってしまった。
その代わりと言ったら何だが、今回初めて見つけた木が数か所あったので、
撮影時間を交えアップしました。 8月20日(くもり)   
今回新たに発見したトビタケとヌキウチ
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちにご配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや ℡ 0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1-23
                              小野正敏      
                         

                            
8/11
撮影時間5:45
9/1
7/26
9/25
10/8
10/7
トビタケ探しがてら、
早生マイタケの芽出しはないか数か所廻ってきたが、今のところ何の兆候もなかった。

きょう入ったのは月山山域の一角だったが、早くもコウタケ(ススタケ)が、辺りに
ひときわ映える堂々とした姿を見せてくれました。   8月26日(あめ)
久しぶりに大沢川の危険な崖道を歩き、源流域を目指した。

荒沢、深沢を超え、三滝前の悪道からイタヤ沢、中沢、ネンド沢、シノビ沢を横切り、雷神沢出合いの
右岸から本流筋黒滝付近辺りまで行き引き返した・・・何もこんな奥まで行かずともトビタケぐらい
採れるはずだったが、あまり良いものが無いために、つい、こんな所まで踏み込んでしまった。
                              8月25日(くもり)
きょう採る当てにしていたトビタケが3か所、来るのが遅く硬くしてしまった。
いつもの年より早めに向かったつもりだったが、残念ながら機を逃してしまった。
しかし、今年はこの様な光景が当たり前に目に入るが、これもいっせいに出始め、回るに廻れぬ
身体一つの世界のせいでもある。「あ~あ、昔だったら2回どころか3回も運べたのによ~」。
                            8月19日(くもり)
「いや~まいった」。
採ったトビタケをしまい込み、沢上の山道を下り始めてまもなく、景色でも撮ろうと
荷を下した途端、置き場が悪かったのか、20k位の荷ごとゴロゴロと回転しながら
3、40m下の沢底へ落ちてしまった・・・急いで沢へ降り、やせ馬は壊れてないか
確かめたが、何の異常もなく安心した。茸はと言えば、落ちた沢が深く、半分ぐらいの
トビタケをダメにしたが、この程度で済んで先ずは良かった・・・しかし、自分も
ずいぶん長く山に来ているが、1,2個の茸を谷底へ転がしたことは有っても、
背の荷の本体ごと落下したなんてことは、後にも先にもこれが初めてである。
それはそれとして、きょうは久しぶりに2度運びをしました。 8月17日(くもり) 
前日予定した通り朝一番で向かってみたが、やっぱりトビタケは過ぎあんばいで駄目でした。
その後、何か所かの出番の木を廻ってきたが、ほとんどの中手の木が開いていて、この数日で
いっせいに大きくなったようだ。「遅中生」の木もツブが出始めたようで今後の楽しみが増えた。
                             8月16日(くもり)
きのうは盆入りで山を休み、きょうは溜まった用事を済ませるため山行きを断念した。
あしたからは通常通り山入りし、トビタケ採取に専念するつもりでいます。
話が変わるが、きのうまで娘夫婦と孫2人が帰省し、ふだん静かな我が家が、つんざく鳴り響く
蝉の大群のような賑やかさだった・・・。  8月14日  
天然舞茸 舞茸風景 天然トビタケ ナラ枯れ
TOP
8/10
8/30
9/1
~
7/26
~
~
9/24
9/25
~
10/8
~
10/7
12/10
8/11
8/10
8/30
9/24
12/10
~
ギラギラした夏特有の強い日差しを浴び、気温の上昇と共に山中は蒸し風呂状態になっている。

そんな暑さの中、点在するトビタケを一つ一つていねいにナタで起こして外す。外した物は広げた
新聞紙に置き、崩さないようにして包む・・・こんな時間を食う作業も終わり、木陰でするひと休みが
安堵と収穫の喜びを誘う。  8月11日(はれ)
4
5
2
~
~
~
3
~
2
この続きは下の3をクリックして下さい
4
3
5