ー山のプロの情報サイトー
2014キノコ採り4
2014キノコ採り4
TOP
上質な天然舞茸
明神沢源流域
丁山系からの流水を溜め込む高坂ダム湖
クリタケ
腐れマイタケ
サワモタシ(ナラタケ)
クリタケ
ブナカノカ
ブログ 2009キノコ採り 2010キノコ採り 2011キノコ採り 2012キノコ採り 2013キノコ採り 2014キノコ採り 2015キノコ採り
2016キノコ採り 2017キノコ採り 2018キノコ採り 2019キノコ採り 2020キノコ採り 2021キノコ採り
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
8/29
2
9/9
7/22
~
~
9/22
天然舞茸の最盛期のこの時期に、収穫はと言えばこんな量しか採れていない・・・

当初の予想を反して、2011年の3年前と同じような状況に陥っている。
今年出番の木に、何とか生え出てたとしても、数が1,2個が多く、でっかい物がない。
これじゃいくら採っても、背籠に溜まるわけがなく、重みのない状態が続いている。
きょうは10/3日、あと10日位したら、まだ出てこない個所を最後にもう一度廻るつもりだ・・・。
                                   10月3日(あめ) 

サワモタシ(ナラタケ)
「舞茸は終わってしまった・・・」

ことし最後に残しておいた分を回収し、晩生木のか所を廻ってみたが、舞茸の姿はなかった。
やっぱりどうあがいても、舞茸は終わってしまったようだ。

まだお渡ししていないお客様へ連絡差し上げねば・・・
                          10月16日(はれ)
「舞茸がない・・・」

「ことしの舞茸は終わったのだろう」と思いながらも、あわよくば出てきたかも知れないと
生えてくるはずの木を見てきたが、残念ながら今回も生えていなかった。
しかし、この木には今年4,5回は廻ったかも知れない・・・
こんなしつこく廻ったのは年は今までなかったような気がする。 10月15日(はれ)
バクサレ舞茸
丁山流域、明神沢へ行ってきました。

ターゲットの舞茸は、一か所が誰かに取られ、もう1か所は腐っていた。
その後、今年まだ一度も廻っていなかった場所へ行ってみたら、これも2か所ばかりの腐れ舞茸から追い返された・・・
「出直して来い!このバカ爺」と言うことらしい・・・。 10月12日(はれ)
晩秋の舞茸
周囲に映えるミズナラの巨木
きょうも二つの山へ向かい舞茸を探し廻ってきたが、腐ったもの以外、全然探せずにいた。
諦め帰ろうとしたが、出なくなって結構経つ倒木を思い出し、寄ってみた・・・

すると、そこには頑丈そうな舞茸が微笑むかのように一株生えていた「良がった~」。
                          10月10日(はれ)
お気に入りの被写体
平水時の穏やかな大沢川をさかのぼり、舞茸を回収しに行ってきました・・・

今年度における、この辺り一帯の山々では舞茸の発生が際立って悪く、探すのがまったく容易でなかった。
そんな中、前回見て置いた場所へ向かい、お客様用の舞茸を回収してきました。

帰る途中にブナカノカとサワモタシを目にし、ただ通過するのも勿体なく、しっかり頂いてきました。
                             10月9日(はれ)
早いもので舞茸を採り始めて、今日でちょうど一か月経ちました・・・

"舞茸の採取時期"は急激な天候の変化は別として、通常の年は一か月から長くても
一か月半(30日~45日)辺りまでのようだ。
これはキノコ全般にいえるようだが、果たしてこの先の舞茸の採取期はどうなるやら・・・
きょうの舞茸全ては前回見置きのものでしたが、他での芽出しはまったく見られませんでした。

なお本日収穫した舞茸は、
ご予約いただきましたお客様へ夕方直ちにお送りしますので、明日には着けるかと思います。
                               10月8日(くもり)
台風18号が迫っているようで、きょうは22日ぶりに山を休みました・・・

自分もすっかり朝方人間になってしまって午前3時前には目が覚めてしまう。
現在の時刻午前5時35分。窓の外は薄っすらと夜が明け始めている。
山に行っていれば、今ごろ森の中を潜り込もうとしているところだろうが。
まあ、たまには「舞茸から離れ、身体を休ませろ」と言うこと何だろう。

さてと今日は何もしないで、ただボーっと一日過ごすか・・・。 10月6日(あめ)

二股を掛けて廻ってきたわりには、きょうも収穫量は大したことなかった・・・

あまりの収量の少なさに、つい頑張りすぎて二つの山を廻ってしまい、帰りが遅くなってしまった。
今回の舞茸をご予約されましたお客様へ・・・明日お送り致します。
                           10月4日(雨のちくもり)

                                       
きょうもあっちこっち探し廻ってきたが、まったく見つけられず諦め下山を始めた。

途中、一年おきに生えてくる個所の脇を横切ろうしたら、足もとに一株の舞茸が・・・
「あれ~!」確か去年、採ったはずの場所に今年もまた生えていた。
きのうに続いてきょうも最後の最後に一株あり付け「あ~あ、いがったや~」。

きょうの幸運な舞茸は東京都のk様へお送りいたします。 10月11日(はれ)
なんと!まだ、ろくに採らぬ間に、舞茸の終わりを告げる晩秋のキノコ「ムキタケ」が出てしまった・・・

ことし何度目かの出番の木を廻ってきたが、今回も兆しは見られなかった。
自分が思うより、山の移ろいは急激に変化しているようで周囲の草木もずいぶんと彩りを増してしまった。
しかし、まだ10月7日だ。いくらムキタケが出てきたとは言え、新たな芽出しを期待し、もうしばらく廻るつもりだ。
                                      10月7日(くもり)
~
~
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちに配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや ℡ 0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1-23
                              小野正敏      
                         

                            
~
~
~
~
~
~
前回の見置き舞茸
沢沿いのサワモタシ(ナラタケ)が凄い量で生え出ている・・・

舞茸もこの位までとは言わないが、せめてこの半分ぐらい出ていてくれれば有難いのだが。
きょうの舞茸の成果は1か所からのみの物でした。10月5日(くもり)                                
10/2
10/16
11/21
10/2
10/16
11/21
8/29
天然舞茸 舞茸風景 天然トビタケ ナラ枯れ
取材
TOP
9/22
4
2

3
5
4
3
5
10/18
9/9
この続きは下の5をクリックして下さい
7/22
9/23
10/3
10/18
9/23
10/3