ー山のプロの情報サイトー
2019キノコ採り3
この続きは4をクリックしてください
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
天然舞茸 舞茸風景 天然トビタケ ナラ枯れ
取材
ブログ 2009キノコ採り 2010キノコ採り 2011キノコ採り 2012キノコ採り 2013キノコ採り 2014キノコ採り 2015キノコ採り
TOP
2016キノコ採り 2017キノコ採り 2018キノコ採り 2019キノコ採り 2020キノコ採り 2021キノコ採り
「バイクだけを通させるのは不公平だ」とクレームがあり、柵をしたらしい
「いつまでも何してんな~」と母ちゃんに怒られたマイタケ
寒暖の差が激しくなってきた最近では、冷暖房を付けたり消したりと、はっきりしない季節となっています。

そんな天候を好むキノコ類は方々に姿を現し、自分のような山で生業をしている者たちにとって、忙しさが増し、
廻る予定を組むのに苦慮しています・・・独壇で採っている山だったら問題はないが、同業者もいる事だし、
一歩足を踏み間違えば、その日の収入がパアになりかねないので 練りに練りぬいている。
しかし欲だけで歩き回るとあまり良くないので、自然に染まりながら楽しんだ方が、あとあといいと思っている。

ところで、山ブドウをはじめとした木の実類が殆ど付いてなく、ことしの山はいったいどうしたのだろうか。
                                 10月5日(ずーっと雨)
あまりの出てなさに、何ども過去のデータを読み返し、検討しつつ廻っているが、それでもなかなか当たらない。
そんな無いなかにあって、ねばりとしつこさで2か所から収穫することができました。
さっそくお待たせしたお客様へお送りせねば。9月30日(はれ)
きょうはナラタケやブナハリタケとマイタケを探して沢をさかのぼり、埼玉県にお住いの
(O)様ご注文の3品、何とか確保できましたので本日お送り致します「有難うございました。」
                               10月1日(暖かな晴れ)
小さめのサワモタシ( ナラタケ)
取っていたデーター通りに生えてきた
若めのものだったら、数日置いておけたが
午後から雨予報だったが降らずに、今日は全てに運が良かった
10月5日以来、自転車を持ち込んでの国道458を走り、マイタケ採取に行ってきました・・・車だと15分位で
着くところ、自転車だと30分位はかかるが、歩きだと1時間半はかかるので、それを思えばうんと楽でいい。

マイタケの生地へ入り込み、5日前見置きのか所へ向かったら、地元のプロの手によって跡形もなく消えていた。
が、他に見ておいたマイタケは取られず、いい具合に残っていた。10月10日(はれ)
腐れたマイタケ
高坂ダム湖
自然には想像もつかない営みがある
あと2、3日置きたかったが、天気が悪そうなので・・・
倒木に生えていた本日貴重なマイタケ
他にシャカシメジをちょっと
10/29
11/27
10/13
10/29
11/27
2
4
3
2019キノコ採り3
3
5
1
4
5
2
1
「早く来ないと腐れるぞ~」とアラン・ラッド主演のあの名画の、声が聞こえたような気がしたので山へ向かってみた。
誘われるがままに現場に着くと、舞茸が良いあんばいに生えていた。

話が変わるが、近くのスーパーで、ようやく原木栽培舞茸が並びだしたようです。10月2日(はれ)
ブナカノカ(ブナハリタケ)
       ↓
ハタケシメジ
   ↓
ナラタケ
  ↓
きょうの被写体は雨で薄暗く、ほぼフラッシュ撮影でした
きょうからしばらく天気が崩れそうなので、山行きは中止し待機をしています。

全くもって個人的なことですが、どうも習慣で、夜明け前に目が覚めてしまい、今こうして、きのうのブログの
更新をしているが、ながら飲むコーヒーも濃いブラックから超薄めのアメリカンに変わってしまい、たまには
ミルクを入れるようになり、年とともにだんだん好みが変わってきている自分がいる。
であっても、山好きだけは変わらなく、さらに山への思いが強くなっている。

そんなことより、この先の天気があまり荒れぬよう天に願いたい。10月4日(外は雨)
良質のマイタケに出合うと、何とも言えない喜びが湧く
ふと振り返ると、水面に陽が射していた
朝霧立ち込める幻想的な森へ踏み入り、舞茸をメインに探し巡ってきました。
きょうもずいぶん歩いたが、群生するキノコには当たらず、お情けに上の画像の舞茸をちょこっと採らせてもらった。

ちなみに、右上画像のウスムラサキホウキタケは、去年の9/11日と同じ場所から採ってきた物でした。
すると・・・今年は去年より2週間ぐらいは遅れてることになるのか?それとも、このままで終わってしまうのか?
キノコに聞かなきゃ分らないが、単なる発生遅れであってほしい。9月27日(はれ)
TOP
ことしの山入りはこれまで大した支障もなく、目的地まで車で行けている。
一部補修工事や通行止め(国道458)などがあるが、前年のような荒れた道にはなっておらず、スムーズに入れる。

そんな平常通りの山中を歩き回って、いくらかばかりの大自然のキノコを戴いてきました。10月3日(くもり)
夜も明けた5時半ごろ、ことし出番のマイタケの木を目指して、大沢川流域をさかのぼった。

谷間にしげる木々の葉の色からして、きょう狙いのマイタケは、まだちょっと早いか?などと心配しながら生え場に着くと、
マイタケは予定通りに生えていたものの、わずか来るのが遅かったか、目いっぱい開いてミズナラの周囲に舞っていた。
しかし、改めてキノコ全体を見回すと、その量たるや、いやはや凄かった・・・。

まずは背負い籠を木の上に2つ並べ、ビニール袋に入れた茸をコンテナに納め、上にフタをしてから最大の茸を積みあげた。
するとあまりの重さで籠がひっくり返り、上げた茸が袋ごとゴロゴロと転がり落ちていった・・・急いで斜面を下り回収したが、
半分ぐらいダメになってしまった。今どは慎重にすべてを積みあげ背負おうとしたら、重さでビクともしない。
半分だけ河原に下ろし、残りの半分も何とか下ろしたものの、はてさて、どうやって全部持ち帰るか考えた。
あすから台風19号が来るようなので、増水で回収は無理だし、ここは2度運びしかないと決意し、半分を背負い下り始めた。

若い時だったらこの川でも何回か、2度運びはしたが、この歳になってこんな事に再チャレンジするとは思いもしなかった。
とにかく辛さは忘れ、休まず無心に歩き、1度めの車に着いた。すぐさま荷を下ろし、懐中電灯を持ち回収へ戻った。

全てのマイタケを車に積み終え、着替えもせずエンジンを掛けた頃には、辺りが暗くなっていた。
                                10月11日(晴れのちくもり)
台風19号発生の予報で、きょうは休み待機をしています。

改めて、きのうの大沢川のことを思い起こせば、いい歳こいて全くもってバカげていて、大いに反省している。
いくらキノコが欲しいとはいえ、あんな無理してまで運ぶ必要もなにもない。家の母ちゃんいわく、「捨ててこい!」
                              10月12日(家にて)



前夜から引き続き休む間もなく、一日中台風状況がテレビで流れている。
関東方面から東北一円にかけて、風速40メートル以上の猛烈な風が吹き荒れているようです。
その台風で、地域によっては甚大な被害に及んでいるようですが、こちら山形県最上地方においては、
今のところ被害情報は、あまり聞かれないようですが、まだよく分かりません。

現在の時刻は11時半、いても立ってもいられない状況で、山が気になってしょうがないので、様子見に
行こうと思ったが、下手に動くと巻きぞいを食らうので、ここはじっと見守るしかないだろう。

しかし外は、急に明るくなり空は晴れ渡ってきた。10月13日(家でイライラ)
朝起きたら、痛みがだいぶ無くなったので、運動がてら近場の山へ行ってみました。

きょう入ったこの山でのマイタケは、まだ早いのか、それとも今年は出ないのか、まったく見当がつかなかった。
去年林道の決壊であまり来れなかったせいもあり、おそらく腐らせた木が多かったのかも知れない。
であっても、あと数回は廻る予定でいる。

しかしながら、あれ程痛かった膝もあまり気にすることなく、きょうは動き廻れたが、きのうまでのあの痛さは
いったい何だったのだろうか・・・何らかの予兆か?それともバチがあたったか?10月9日(はれ)    
国道458の木々の色づきはまだ無い
これまでの採取の流れをみて、そろそろと思って向かった極早生のマイタケが、無残にも腐っていた。
例え、ツブや芽出しが無かったとしても次に繋がりがもてるが、腐らせてしまったらどうにもならない。
おのれの勘の悪さにガックリし、ならばサワモタシでもと沢を歩いたが、これも外し、ナラタケは4,5日早かった。
そんな採れないなかにあって、その後向かったハタケシメジが、爆生しパッと明るく迎えてくれた。

ところでダムサイトから眺める景色は、まだ青ぽっく、彩りが増すのはもうちょい先のようでした。
                                  10月6日くもりのち晴れ)
~
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちに配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。


            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや ℡ 0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1-23
                              小野正敏      
                         

                            
~
渓谷沿いの景には目をみはるものがある
8/24
8/24
9/26
9/26
10/13
8/8
8/25
9/27
10/14
8/8
8/25
9/27
10/14
10/30
10/30
朝、右膝に少々痛みを感じながら山に到着し、歩こうとしたら、猛烈な痛みが走り片足では立てないほどだった。
その後、何度も動かしながら歩こうとしても痛く、無理して崖から滑落でもしたら大ごとと思い、きょうは諦め下山した。

家に着き、すぐにいつもお世話になっている自宅向いの小内医院さんに行き、見てもらいました・・・いろいろ検査をして
もらい、念のため、整形外科医院を紹介して頂きレントゲンを撮ってもらったが、同じく異常がないとの事でした・・・。
                               10月7日(医院のはしご)


翌日になっても痛みが和らがず、きのう先生から言われた通りに、ストレッチみたいな事をゆっくり静かに繰り返した。

ところで、あまりの採れなさと膝の不安で、知り合いのプロから、お急ぎのお客様への舞茸を数株分けてもらいました。
                               10月8日(家から)
~
~
~
~
~
~
~
~