*4月2日私が住む新庄市で、初めて新形コロナウイルスの感染者が出たようです。
ー山のプロの情報サイトー
ブログ
2010山菜採り
2011山菜採り
2012山菜採り
2013山菜採り
2014山菜採り
2015山菜採り
2016山菜採り
2017山菜採り
2018山菜採り
2019山菜採り
2020山菜採り
2021山菜採り
フキノトウ採りはキノコ採りと違った味わいがある
2020山菜採り1
晩秋から初冬にかけて生えてくる山菜、フキノトウのようす見に行ってきました。

生え場に着き、フキの根元に目をやると、フキノトウは周囲の寒さにめげることなく、元気な姿を見せていた。
しかしながら、きょうの山中はあまりにも寒く、早々に逃げ帰ってきた。11月14日(寒い雨降り)
2016山菜採り 2017山菜採り 2018山菜採り 2019山菜採り 2020山菜採り 2021山菜採り
2010山菜採り 2011山菜採り 2012山菜採り 2013山菜採り 2014山菜採り 2015山菜採り
TOP
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちに配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや ℡ 0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1-23
                              小野正敏      
1
2
3
4
11/14
4/23
5/15
6/15
6/29
5
この続きは下の2をクリックして下さい
タラの芽採取期のこの時季に、遠目にひときわ映える花「レンギョ」が咲いている。
中国原産のモクセイ科レンギョは、春先の庭先などでよく目にするようですが、そのあたりの人気の高さは頷ける。

さて、きょう狙いのタラの芽はちょうど良い具合に開いていて、定量になるのに大した時間はいらなかった。
帰りに、他に寄って下見もできたし、きょうは満足し得る採り日でした。4月7日(はれ)
”県内3例目となる新形コロナウイルスによる感染者が、地元新庄市で初めて確認されたとの情報で、
不安がつのる現状ですが・・・今後のウイルスに対しては、自分がやれる事はしっかりやるつもりでいます。”


早春のフキノトウから初夏の月山筍まで通い詰めになる国道47号線を走り、タラの芽の生え場へ向かった。
タラの芽はS、Mサイズが主ですが、たまにLサイズの物も採れるようになり、この地での盛りは間もなくだった。
                          4月3日(ポッカポカの晴れ)
群生する菜の花を眺め、いっときの元気をもらった
庄内地方酒田市で、きょうソメイヨシノの開花宣言をしたようです。
暖冬の影響からか、昨年より8日、平年より13日早いとのことで、一足早い春に意欲がかき立てられる。

早朝5時半ごろ支度をすませ、前回見おきのタラ林へ潜り込んだら、いきなりカッパの下ズボンが
トゲにからまり「ビリッ」と破けてしまった・・・面倒だからそのまま穿き通したら、ズボンはボロボロに破け、
笑うほど悲惨な形になっていた。4月1日(小雨のちくもり)
フキノトウ
ナメコ
ナメコ&フキノトウ
すっかり静まり返った山中に、川の音色だけが流れていた
始末前(上)から始末後のフキノトウ
静々と押し迫る冬の訪れを感じながら、高坂ダム奥へ行ってきました。

きょうはナメコとフキノトウを採ろうと・・・アメリカメジャーリーグの大谷選手でもないが、二刀流で探し廻ってきた。
成果としては大したことはなかったが、この時期としたら、こんなものかも知れない。11月18日(寒~い曇り)
1
2
3
4
~
~
11/14
4/23
~
5/15
6/15
6/29
5
~
4/19
~
5/10
~
6/14
~
6/28
誤って前回の収穫画像を
貼り付けてしまいました
2020山菜採り1
ちょとのアマドコロとタラの芽の収穫
周囲に咲き誇る「レンギョ」
パッと明るく咲いていたサンシュユの花
きのう、きょうは山を休み待機をしております。4月19日(外は雨~晴れ)

生い茂る木々をかき分け、苔むした小沢を上っていくと、前方にカモシカがゆっくり去ってゆくのが見えた。

その辺りに近づくと、案の定、小さなアイコの先端部分の葉は食べられ、点々と荒らされていた。
これも、現住者カモシカにとってのだいじなエサ場でもあり、やむを得ないだろう。4月17日(はれ)
道に咲くキブシ
コゴミ、アイコ、山ウド、タラの芽の収穫
あす予定していた場所の下見がてら、昼から家の母ちゃんと鳥海山の山麓へ行ってきました。
こっち方面の桜はちょうど今が見頃で、その花盛りを眺めていると、このところ続く憂うつさを吹き飛ばしてくれた。

ところで、あした行く予定していた山域の山菜はまったく芽出しがなく、いつもより10日以上遅れているようだった。
どうも今年の山は、地域によってばらつきがあるようだ。4月16(ぽかぽかの晴れ)
「桜パワーをもらった!」
山からの恵み、アイコとコゴミ
アイコ(ミヤマイラクサ)が早めに生えてくる山へ、ずいぶん久しぶりに行ってきました。
この何年かは、タラの芽採りでなかなか早めに来れなかったアイコだけに、期待感で胸を高鳴らせ踏み込みました。

山道から周りをサッと見たかぎり、アイコは小さすぎて採るものがなかったが、それでも何とか極わせの生え場から、
初物のアイコを手にすることができた・・・その後、コゴミのエリアへと移動し、これも少しだけ初物を戴いてきました。
                           4月15日(晴れのちくもり)
春への鼓動が聴こえる
押し寄せる新形コロナウイルスの波に呑まれぬよう、注意を払いながら過ごす日々ですが、タラの芽のなり具合が
気になり4日ぶりに繰りだしてみました・・・現場につき周囲を見回すと、採り頃のタラの芽がそこかしこに姿を見せ
「バカジジイ、待ってたぞ~」と笑っているかのようだった。

上の画像にある「サンシュユ」は春先、葉が付く前の木一面に、黄色の花を咲かせることから、別名ハルコガネバナ
(春黄金花)と呼ばれているそうです。4月11日(暖かいはれ)
用事の帰り、市内にある山屋のキャンプ場をふと想いだし、久々向かってみました。

学校の遠足や、友らとの登山、バイク乗りなど何ども登った新庄市民親しみの山杢蔵山(標高1026m)。
その登り口にあるキャンプ場・・・その当時は、まだこの様なキャンプ場はなかったが、何故か此処へ来るたび
懐かしさがよみがえり、心が温まるものがある。4月8日(くもりのち晴れ)
ご家族で楽しめるキャンプ場「ぜひ遊びに来て下さい」
黄色い花穂のネコヤナギ
タラの芽一本勝負
土手に咲くスイセン
きょう関東甲信越で、桜最盛期のこの季節に、大量の雪が降ったとの報道がありました。
こちら県内も雪が降るような予報でしたが、その心配はよそに午前中は山菜採り日和となった。

本日ターッゲトのアマドコロやタラの芽は、まだ小さいものが主で集めるのに容易ではなかったが、何とか
上の画像の分だけ採ることができました。「まあ、この時期としたらこんなものだろう。」
 *やんべ(良い具合)              3月29日(晴れのち曇り)
「オッ、やんべ開いでる!」
道端に桜
隣村「戸沢」より望む鳥海山
タラの芽とアマドコロをちょっと
      ~新形コロナウイルスによって、被害に遭われた方々には心よりご冥福をお祈りいたします~

連日流れるテレビのコロナ報道に胸を痛め、少しでも英気をもらおうと、鳥海山の山麓を目指し車を走らせた・・・
10日前に訪れた庄内の景色は、だいぶ春めいてきて、目に映る一つ一つが明るさが増し輝いていた。

採り場に着き周囲を見回すと、出始めたばかりのアマドコロやタラの芽が、待ってたかのように迎えてくれた。
                           3月27日暖か~い晴れ)
世界中に大感染を広げている新形コロナウイルス。
その先の見えないウイルスによって、今、社会全体に混乱が起きているようです。

そんな状況のさなか、お客様ご注文の品、フキノトウ採取に繰りだしてみました。
狙いのフキノトウは、これまでに経験したことがない暖冬のせいで発生が早く、至る所で姿を 見せていました。

因みに、県内に於いてのこの暖冬は、観測史上最高気温記録になったらしいです。3月17日(小雪のち曇り)
天気も落ち着いたので8日ぶりに山へ行ってみました。

フキノトウとナメコのエリアへと向かい、落ち葉で埋もれた林道を走りいくと、前方から2羽のヤマドリが飛び立っていった。
ウサギやイタチ、タヌキなどはたまに見かけるが、きょうは、その後2組のヤマドリと遭遇することができた。
聞いた話では、ヤマドリのつがいは仲が良く、いつも離れず行動を共にしているらしい。

さて本日の成果といえば、少しのフキノトウと一握りのナメコでした。11月26日(はれ)
眼下の発電所
ダムサイトからの眺め
大沢川光景
6/14
~
笑うタラの芽
きょうの滝に虹がない
4/19
5/10
6/28
天然山菜