ー山のプロの情報サイトー
~大変なこの時世に、このブログを見る人の心が少しでも和らぐよう、明るく咲く花を今後も載せようと思っています~
”大型連休も終わり、県内では5日連続感染確認ゼロとなり、これまで要請されていた不要不急の外出自粛や
一部を除いた営業自粛が、あすの11日に解除されると県から発表されました。
まだこの先のことは分かりませんが、自分のやれることはしっかりやり、早急の平穏になるよう見守るしかありません。
因みに、国内感染数1万6466人、死者数637人、山形県感染数69人、死者数0人となっております”
色々な山菜発生場
山桜風景を「はい、パチリ!」
「タケノコまだか~」の声に、比較的早く生えてくる竹林へ行ってみました。
ここでの竹は大した太くはなく、タケノコの太さもそれほどでもない。であってもきれいな冷水の沢わきに
生えてくる味が良いタケノコである・・・この辺りでは発生の早さと採り場の楽さで人気のある竹林です。

しかしながら、さすが大型連休か、それともコロナの影響か、きょうの竹林は人で溢れていた。
                        4月29日(くもり)
*ちなみに、細いタケノコの味噌汁や炒め物は、太いタケノコと違った美味しさがある。
”国の緊急事態宣言が発令され、こちら山形県内も4月21日~5月6日までの間、自粛要請がでています”
その新形コロナウイルスによる感染者も、県内ではきのうまで65人となっております。

*全く見えないウイルスに対して、まずは人に移さず移されぬよう、徹底して気を付けて行動するつもりでいます。
                                4月23日
天然山菜 TOP
                    自宅裏側に咲く満開のライラック 

*「ライラック」ヨーロッパ原産、モクセイ科、和名(ムラサキハシドイ)香りがよく香水の原料にもなっている
ほんのちょっと
雪のトンネルは、まだ全面開通になってない
「これ↗ 採ってもいいか~?」  ↘ 「ダメ!」
道端に見頃の八重桜
本日収穫のコゴミ、山ウド、アイコ、シドケ、タラの芽、コシアブラの山菜オンパレード
日差しを浴びるアイコ(ミヤマイラクサ)
椿を背に生えるシドケ(モミジガサ)
周囲に一段と明るく咲いていたヘビイチゴの花
2016山菜採り 2017山菜採り 2018山菜採り 2019山菜採り 2020山菜採り 2021山菜採り
2010山菜採り 2011山菜採り 2012山菜採り 2013山菜採り 2014山菜採り 2015山菜採り
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
今年度のこれまでの山菜の発生状況は、記録的な暖冬の影響で、山菜の発生がかなり早く推移しています。
最近10年の過去のデータからすると、早かった2016年と比べても、今年度は2日、3日早いようでした。
                         5月10日(自宅にて)
鳥海山の或る片隅に、良質の山菜を求めて入山したが、殆どの山菜の芽出しがなく静まり返っていた。
春の訪れがいくら早かったとは言え、雪が残る深いエリアの山菜はもうちょっと時間がかかるようだった。
                           5月8日(はれ)
早朝、太い赤タケのエリアへ向かおうとしたら、後ろから声をかけてきた人がいた。いろいろ話をしてみると、
目的地が同じようなので採り場まで同行した。
現場につき見回すと、タケノコがそこかしこにボコボコと出ていて、休む間もなく採って採って採りまくった。
サブザックの膨らみも早く、3度ほど空けに戻ったら、早々と定量になってしまった・・・この地の竹林は
間違いなく豊作のようだった。5月6日(はれのち曇り
好天に恵まれたきょうの山は、ずいぶん人の出入りが多かった。

自粛の連休中でもあり、おのおの付けているマスクを外して、新鮮な空気を吸いに来たのだろうか。
見かける人らの顔は皆生き生きとし、楽しそうな光景だった。

それはそれとして、埼玉県K様ご注文の品、タラの芽、コシアブラ他をきょう採ってきましたので、
本日お送り致します「有難うございました」。5月5日(はれ)
トウダイグサ
朝一番でタラの芽を摘みとり、その後、アイコのエリアへと移り、大地の恵みをいくらか採らせてもらいました。

家路の途中、桜のあまりの美しさにひかれ思わずシャッターを切ってきた・・・県内でも桜の開花が
特に遅い最上地方ですが、ただ今、色々な草花が咲きだし、春爛漫のようです。
                        4月27日(曇りのち晴れ)
タンポポ
雨の最上川
アイコとシドケの収穫
沢沿いの斜面にニリンソウが咲き綻んでいた
6/29
2
3
4
1
5
~
~
~
~
11/14
4/23
5/15
6/15
6/29
4/19
5/10
6/14
6/28
~
4/19
~
5/10
~
6/14
~
6/28
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちに配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや ℡ 0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1-23
                              小野正敏      

ミヤマキケマン
TOP
山ツツジも咲きだした
水辺に生える太タケノコ
きのうに続いてのタケノコ採り日となりました。

じつは、きのうの採取後、太いタケノコの発生が気になり、現場近くまで行きようす見に来ていました。
きょう入った此の山では以前より、山ツツジの開花があれば、太タケノコ発生の目安としていた。
そのかいあって、いくらなりとも空戻りすることなく採取することができました。

話は変わって、今年もタケノコを求めて、お山の副大将(熊)が回った形跡がけっこうあった。
                                 4月30日(はれ)
*なお、この竹林においてのお山の大将は言わずもがな、このオレです。
雨降る3時半頃、いつもの47号を行くと、きょうの道路はめっぽうトラックが多く、それも派手な装飾のデコトラばかりで
すれ違いに注意しながら走った・・・「清川」に掛かる橋の辺りで薄っすら夜も明け、最上川がどんよりと流れていた。

さて、きょう採ったアイコやシドケはまだ大半が小さい物ですが、じきに良質物が生え揃うと思います。
ところで帰りに、冷たい雨から雹(ひょう)に変わり、這うようにして逃げ帰ってきた。4月24(天候不順)
晴れ渡った空の下、急がずゆっくり登りつめ、大自然の恵みが生えるエリアへ行ってきました。

奥深いここまでやって来るのはバカ以外獣しかおらず、乱生する山菜は採り放題だが、下山時を思えば・・・
事故らないがためにも運ぶ量を控えめにしている。

きょう採取したシドケはいつもお世話になっております茨城県のK様へお送り致しました「有難うございました」。
                         5月3日(暖かい晴れ)   
新庄市内道脇に咲いていた満開桜
2020山菜採り2
2020山菜採り2
この続きは下の3をクリックして下さい
2
3
4
1
5
11/14
4/23
5/15
6/15