2019山菜採り1
ー山のプロの情報サイトー
ブログ
2010山菜採り
2011山菜採り
2012山菜採り
2013山菜採り
2014山菜採り
2015山菜採り
2016山菜採り
2017山菜採り
2018山菜採り
2019山菜採り
2020山菜採り
2021山菜採り
2022山菜採り
TOP 天然山菜
2021山菜採り 2022山菜採り
ブログ 2010山菜採り 2011山菜採り 2012山菜採り 2013山菜採り 2014山菜採り 2015山菜採り
2016山菜採り 2017山菜採り 2018山菜採り 2019山菜採り 2020山菜採り
この続きは2をクリックしてください
1
2
4
3
~
~
11/29
~
~
~
4/8
5/5
5/25
6/20
4/9
5/6
5/26
6/21
5
7/6
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちに配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや ℡ 0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1-23
                              小野正敏      
家の窓からの雪降り光景 2019/04/02/9:48
1
2
4
3
~
~
11/29
~
~
~
4/8
5/5
5/25
6/20
4/9
5/6
5/26
6/21
5
7/6
2019山菜採り1
Mサイズのものも2,3粒あった

早朝アマドコロの生え場に着くと、地面に薄っすら雪が降りていた。
アマドコロは成長した開きが増え、忙しい採取になってきたが、芽出しのものも多く見られ、まだまだ楽しめる。

帰りの途中、最上川の河川敷でゲートボールを楽しむジジババがいたので、写真だけでもと、あやかってきました。
                                3月29日(小雪のち曇り晴れ) 
アマドコロの周りにも色々な草花が顔をだし、林内の明るさも増してきた。

狙いのアマドコロもあちこち姿を現し、盛期を迎えたようだ。
ところで皆さまお待ちかねの、タラの芽はもうちょい先のようです。3月27日(くもり)
            
「何桜かな~」
寒々しいアマドコロ
雄の木に咲くアオキの花
雌の木になるアオキの実
雨が降りそうで降らない、はっきりしない林の中を歩いて、アマドコロを探し廻ってきました。

この地へ通いだして、けっこうな年月が経ち、だいぶ早生の場所が分かるようになってきた。
とは言っても、自分を上まるライバルも多いことだし、その日の成果は、回るコースによって大いに左右されることになる。
きょうの帰り道、朝方入った場所に一台の軽自動車が止まっていた。

話が変わるが、きのう引退したイチローに・・・これまでいっぱいの元気と勇気をくれて「ありがとう!!
                                   3月22日(どんよりした曇り)  
春を告げる魚「サクラマス」釣りを楽しむファン
山ニンジンも出ていた
3月1日のきょうは、渓流、サクラマス釣り師にとって待ちに待った解禁日のようで、最上川沿いの河川敷は
他県多種の車で賑わっていました。

むかしの自分だったら、まちがいなく此の場に立っていただろうが・・・しかし今は「始まったか~」ぐらいで、
なんのトキメキも羨ましくもなく、あれほど夢中にさせられた渓流釣りだったが、すっかり情熱が薄れてしまった。
持っていた全ての道具も出すこともなく、奥でひっそりと眠ったままだ。
たとえ母ちゃんに「ゴミだ~」と言われようとも、これはこれで過去の良き想い出として捨てがたいものがある。

ところで、狙いのフキノトウはあちこちに見られ、ライバルも多くなった。3月1日(どんよりとした曇り)

”因みに、今年度の山への抱負として、干支の猪のように、安易に妥協せず「猪突猛進」駆け巡るつもりだ”
寒さ冷たさに耐えられるよう万全の装着で身を固め、「よし行くぞ!」と自分を奮い立たせ、山中へ突入した。

週間天気予報を見ると、あすから本格的に雪が降りそうなので、奥へはことし最後と思い、きょう入山しました。
雪の消えた高坂ダムサイトを歩いて間もなくして、オーバーに着込んだ服やらが暑すぎて、途中で脱ぎ捨てた。

フキノトウを採りながら沢沿いを行くと、山ワサビがちょっこと生えていたので自家用に採ってきた。
それと、あわよくばナメコはないかと見回してきたが、全くなかった。
                          2018/12月5日(小雨のち晴れ) 
始末前から↗ 始末後の収穫画像
すぐそこまで春がやって来た
ナメコ目的で入った山域だったが、腐ったものが多少あったものの、採れるものは全くなかった。

手ぶらで帰る破目になり、枯葉で埋もれた林道を歩いているそのうちに、ふと季節はずれのフキノトウを
思い出し、ダメ元でフキノトウの生え地へ行ってみた・・・すると、春待ちのフキノトウがひょっこり
顔をだしていました。
初冬から初春に、いきなり早送りされたようなフキノトウ採りだったが、自然の恵みに感謝をしながら
有りがたく戴いてきました。2018/11月29日(くもり)  
フキノトウ
マムシクサの赤い実
自然の中でのフィットネス憩いの場
”新元号「令和」が発表された”翌日のきょう。
外に出ると、家の周りは雪だらけで、真冬に逆戻りの様相を呈していた。
ここは腰をおろし、のんびり待機をしている方が無難のようだ。

因みに、きょうの積雪8cmは、4月時期の過去最量の降雪のようでした。
                 4月2日(雪)
前日の気温が16度もあったらしく、この陽気でタラの一気の開芽を想像し、庄内地方へと車を走らせた。
到着し、タラの枝木の先端部分を見回すと、まだつぼみの物が殆どで、期待に反し採れるものはあまりなかった。
                                 4月7日(はれのち曇り) 
フライニングぎみだった、きのうの採り場を変え、きょうは車で移動しながらあちこち探し廻ってきた。
しかし、こっち方面のタラの木もつぼみが多く、残念ながら採れるものは僅かしかなかった。
としても・・・すぐにでも開きそうな芽も結構あり、次に期待が持てるがライバルも多い。

家路の途中、戸沢村、最上川船下り乗船場になる「船番所」に立ち寄り、カメラに収めてきた。
                                4月8日(心地いい晴れ) 
江戸時代にタイムスリップしたような門構え 撮影日時:2019/04/08 10:34
アマドコロも開きが多くなった
ーお詫びー
こちら側の不手際で、ホームページURLの変更を早めにお知らせをせず、ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。
今後とも新たなmarukajiriya.comを宜しくお願い申し上げます。
このところの気温の低さもあって、菜類の成長が遅く、前回とあまり変わらない状態だった。

きょうも晴れ間から、いきなり吹雪なり荒れだしたので、大急ぎで逃げ帰ってきた。
                           4月1日(はれのち吹雪)
土手に咲く山ニンジンとカンゾウ
いま現在のタラの芽画像
アザミ
アサツキ
アケビの芽
春先のこの時期、周囲にひときわ目につく、赤い実がなる木がある。
庭先などでよく見かける木だったが、名前が分からず調べたら、「アオキ」という呼び名の木でした。
アオキは葉、枝、幹が緑色していることから青木と名が付いたらしいです。

それはそれとして、きのうの朝、10センチぐらいの雪が積り、久しぶりに家の前の雪かきをした。
そんな雪降りを心配しながら、きょう庄内へ向かったら、アマドコロの生地は雪はなくいつも通りだった。
                              3月25日(はれのちくもり)
アマドコロが、早出の場所にポツポツ姿を見せ始めました。
まだ小さいものが殆どで収量は多くはのぞめないが、暖かさが増せば直に増やせるだろう。
それとアケビの芽もチラホラ綻び始め、周囲の景は春へ向かって、どんどんと進んでいるようでした。
                                  3月19日(はれ)   
ニワトコ
フキノトウ採りはゴミが多く、後始末が大変だ
長らくつづいた雪降りマークで、行きそびれていたフキノトウ採りでしたが、16日ぶりに行ってきました。

こちら庄内地方もよほど寒かったのか、前回採ったところのフキノトウは生えていたものの、他の場所の芽だしは
見られなく、自分が知っている此処での生え場は一週間ぐらい先のようでした。2月22日(くもり)
北へ旅立ち前のコハクチョウの一群
連日降り注ぐ雪に追われ、雪かきしかやることがなく、今か今かと春の訪れを待ち遠しく思っていたきょうこの頃でした。
暦上の立春もすぎたとはいえ、まだ、きょうは2月6日・・・しかし、どうも気になり、下見がてら庄内地方へ向かってみました。

久々に眺める庄内の景色は雪も目立つが、所々消えたあとも多く、早春の風が漂っていた。
そんななか、いくらかばかりのフキノトウを採らせてもらいました。2019/2月6日(くもりのちはれ)
きょうからニューシートに替えた
コハクチョウ
   ↓
「河は眠らない」開高健のように、明神沢の冬眠はなかった
朝方見かけたコハクチョウ一羽が、仲間とはぐれたか、それともケガでもしたのか・・・帰りにまだ其処にいた
薄っすらと積もる雪を踏みしめながら、前回採ってきた場所より、さらに奥を目指して歩いてきました。

最初の目的地につき辺りを見回すと、見え隠れしたフキノトウが雪と草や枯れ葉の狭間に生えでていた。
ナイフで一つ一つ切り落としては仕まいこむ作業がつづいて、その後、数か所を廻ったらけっこうな量になり、
きょうは思いもかけない収穫に意気揚々と山を下った。2018/12月3日(はれ) 
積雪前の初冬風景
この時期のフキノトウは紫の衣をまとっている
「古口」新大橋より、最上川を眺める
一年ぶりにお見えのアマドコロ
まだ薄暗さが残る、墨絵のような最上川沿いを走りいくと、左窓に月山直下の流域「立谷沢川」が、白波をたて
小気味よく流れていた。

採り場に着き辺りを見回すと、木の芽のニワトコはあちこち見られたものの、狙いのアマドコロやアケビの芽の
発生はまだなく、もうしばらく先のようでした。その後、方々へ移動しながらフキノトウ採取に励んできました。

それと又ゴミの話になるが・・・きょう川の土手で、袋をぶら下げフキノトウを採っていたら、散歩中の人から
「ゴミ拾いしてるのか~」と言われた。と、その事を母ちゃんに話したら「その通りだ~」と言われ、ガックリした。
                                         3月10日(はれ)
採り頃のタラの芽
ことし初のタラの芽の収穫でした。

ここ最近の寒戻りの影響で、なかなか芽吹かなかったタラの木でしたが、ようやく早生が開き始めました。
まだ極小のものがほんの少しだけだったが、暖かさが増せば、一帯のタラの芽もじきに開きだすだろう。
                                  4月5日(はれ)