ー山のプロの情報サイトー
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
TOP
舞茸風景

TOP

2014年7月3日に撮影したようです
しかしながら、例年の7月3日と言えば、自分はまだ「月山」でタケノコ採り最中でもあり
       今後これらを採るには、かなり難しいというか「絶対、無理だ~」
見たところ、なかなかの良質クロフ舞茸のようだ
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちにご配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや ℡ 0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1-23
                              小野正敏      
                         

                            
(上部の舞茸画像は秋田県横手市在住の安田氏より提供して頂きました)
初夏に生えた
~植物界では時期外れの狂い咲きなどはけして珍しくない~
切株に生える 倒木に生える 折れ木に生える 高みに生える 荒らすカモシカ 初夏に生えた
雨腐れ 穴に生える カビが生える 蜂が巣をくった 硬く締まった 山桜に生えた
「まだ7月初めの『初夏』だと言うのに、舞茸が一株生えていました」と
秋田県横手市にお住まいの安田氏よりメールが届きました。


送られてきた画像を見た限り、間違いなくマイタケのようでした。
自分もこれまで、9月の初めに腐って融けていた物を眼にした事はあったが、まさかトビタケよりも
早くマイタケが生えてくるとは、全くの驚きでした。

のちに聞いた、市場関係者の話によると、稀に「異常天候」による突然発生があるようで、これまで
何度も季節前に入荷したことが有ったようです。
通称名は「バカ舞茸」、「狂い舞茸」などと呼んでいるようですが、はっきりしたことは分からない。
ある業者は、その身は比較的柔らかくヌキウチようにゴツゴツしたものが多いと言っていたが、
そのあたりも定かではない。
何はともあれ、「超、超、極早生マイタケ」があったことは確かのようです。
これからは自分も、トビタケ採りのついでに、ナラの根元に眼をやる機会が増えそうだ。

「もし今後において、その物を手にする事ができましたら、改めて更新させていただきます。」