ー山のプロの情報サイトー
舞茸風景

TOP

切株に生える
切株に生える 倒木に生える 折れ木に生える 高みに生える 荒らすカモシカ 初夏に生えた
雨腐れ 穴に生える カビが生える 蜂が巣をくった 硬く締まった 山桜に生えた
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
TOP
この光景を初めて目にした時は、驚きどころか呆れてしまった。
    「まるで仙人が店を張っているようだった。」
上部の画像の箇所に2012年の今年再び舞茸が生えてきた。
この切株もかなり腐食し、おそらくこれが最後になるの
かも知れない。
2016年にも生え出てくれた・・・
菌の終わりと思っていた木だけに、光景を目の当たりにしたときは
さすがに感慨もひとしおだった。
この光景を初めて目にした時は、驚きどころか呆れてしまった。
    「まるで仙人が店を張っているようだった。」
この山中に通って30年弱、
その頃にはすでにこの木は切られていた。
この木もだいぶ古くなり、舞茸も木と共に
だいぶくたびれ衰えてきたようだ。
2013.9.24こんなボロボロになっても
また生えてきた
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちに配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや п@0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1−23
                              小野正敏      
                         

                            
マイタケもトビタケと同じで、地面すれすれに切ってしまう
夏切りの伐根には舞茸は生えてこない。
雪が残る、冬に切った伐根により多く生えてくるようだ。

切られる以前に出ていた伐根は別として、普通は4,5年
経ったあたりから生えだし、木の腐食とともにだんだん
休む期間が長くなり、舞茸の質もしだいに落ちてくる。