ー山のプロの情報サイトー
雨腐れ
〜舞茸が生えている環境下にもよるが、雨の影響で腐る場合があります〜
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちにご配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや п@0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1−23
                              小野正敏      
                         

                            

TOP

切株に生える 倒木に生える 折れ木に生える 高みに生える 荒らすカモシカ 初夏に生えた
雨腐れ 穴に生える カビが生える 蜂が巣をくった 硬く締まった 山桜に生えた
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
TOP
舞茸風景
「家に持ち帰って食べてみたが
腐りかけた傘の部分を除けば、
そんなに食感は大して変わらなかった」。
とてつもない雨が連日降りつづいたある日。
前に見ておいた、クロフ舞茸を回収しに向かったところ
舞茸が成長過程で「半腐れ状態」に陥っていた・・・
その時は理解のできぬままその場を去ったが、後にその事が
妙に気になっていた。

「舞茸の幼菌はデリケートで、手で触ったり息をかけたりすると
成長が止まり黒ずむ」また「晩秋期の初霜が引き起こす根腐れ」
などの現象がおきるが、今回のはそれらとは少々違っていた。

「成長過程において強烈な雨で打ち続けられると、肉質の柔らかい
若い舞茸の部分、傘や柄が傷んでしまう・・・」と後から知った。

今回の「半腐れ状態」の原因も、その過度な雨が引き起こした最大の
要因だったと思います。
「幼菌」「若菌」、どのあたりの成長過程で「雨腐れ」が起こるものなのか?
「成菌」だけには当てはまらない事は分かるのだが。
「柔らかい傘の先の成長が止まり、黒ずんでいるのがわかる」
「雨腐れ」の被害にあった良質のクロフ舞茸