2021山菜採り4
2
1
3
4
ー山のプロの情報サイトー
11/15
4/6
~
~
5/4
~
5/27
~
2021山菜採4
4/3
5/3
5/24
お気に入りの山里風景 2021/05/27 4:31
そして今年度2021/06/05 10:00の画像です
2
1
3
4
天然山菜
一の水場を抜けた辺りで、濁り沢の流れの音と鳥の声が、暗闇の山中に心地よく響いていた・・・。

この山域でのタケノコ行3日目のきょう。久しぶりに一人で入山し、大ピラの台地に生える天然月山筍採取に励んできた。

しかしながら年の経過とともに、タケノコ採り場までの長行程が年々厳しくなり、一気に現場までたどり着けなくなった。
きょうは一人でもあり、急な山道を足任せに上ってゆくと、疲れから足が止まってしまう・・・意地でも弱音は吐くまいと
脳にきかせ、足を一歩前に踏みだし向かった。6月10日(猛暑の晴れ)



朝、目が覚めたら午前2時を回っていた。ので今日の山行きは中止にしました。6月11日(パソコンの前にて)
11/15
4/6
5/4
5/27
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちに配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや ℡ 0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1-23
                              小野正敏      
~
~
4/3
~
~
5/3
5/24
2016山菜採り 2017山菜採り 2018山菜採り 2019山菜採り 2020山菜採り 2021山菜採り
2010山菜採り 2011山菜採り 2012山菜採り 2013山菜採り 2014山菜採り 2015山菜採り
きのうの疲れがとれず、きょうの強行はやっぱり無理だった。

瓶詰用のタケノコも取らねばならず、あしたは何としても強行しよう。
大ピラまでの採り場だったら、家を12時に出れば急がず走れ、コンビニに寄ってもゆっくり選べるし、途中の
広場では、着替えをしながら気の済むまで準備運動ができる。

しかし、あしたは採り場が大平なので、駐車場には1時45分に着きたいので、家を11時15分に出るつもりだ。
話は変わって、2日前から、カメラ撮影をスマホに替えました。
                                6月13日(家にて)
きょうは土曜日でもあり、いつもの時間より早めに料金所へ行ったら「きょうは凄い数の車が来ている。」と言われ、
駐車場に着くと、もうすでに入口広場は満車状態になっていた。そんな混み入った中を探して、やっと一台停めた。

はてさて、この人の多さでは・・・ゆっくり採るには「奥しかない」と思い立ち、発生状況が分らぬ「大平」へ向かった。

大ピラを抜けた一年ぶりの大平の景色は、目にする一つ一つの光景が、例年と変わりなく明るく映った。
雪のない山道には、一人の足跡が残ってはいたが、ほぼ無く、大平の静けさが漂っていた。

さて、去年の6月21日に入り、追い返されていた我がホームグランドに再度挑み、今回は悔いなく返り討ちしてきた。
しかし採ったタケノコの中には、クマも人も入った痕跡がない竹林にも関わらず、早くも虫食いタケノコが数本あった。

久々の長行程を終え車に戻ると、これまで見たことがない長い車の列が、かなり下まで続いていた。
                                   6月12日(くもりのちはれ)
濁り沢の源頭に聳え立つ「品倉山」1210m
過去に行った「大ピラ」風景写真を編集し、上記にアップしてみました。

これまでの撮った画像を見てみると、降雪量の多い年もあれば、少ない年もあって、その年々の自然を見比べられ
改めて、此の景色を撮り続けてきて良かったと思う。

この最近の「大ピラ」では、5年前の2016年が小雪でしたが、今年もそれと同じぐらいの雪の少なさでした。
*尚、上の2016年の画像は5月25日のもので、今年より10日早く撮っていたので、雪が多く写っていました。

又、2020年の6月4日の画像をみると、今年よりも雪が多いようですが、下の濁り沢には、雪が全くなく
消えていました・・・しかし今年の濁り沢は、まだ、それなりに雪が残っています。

ところ場所によって変化がおこり、一定しないのが自然であり、その奥深さが画像からよくわかる。
                               

ところで「あすの8日に行こう」と、布施さんから連絡が入ったので、あしたは痙攣で足がつって、迷惑をかけぬように
しっかり準備運動をしてから山入りするつもりだ。6月7日(自宅にて)
2010/06/14
2011/06/16
2012/06/11
2013/06/18
この画像↗ をクリックすると大きくなります
このしばらく山へは行ってなかったのですが、6月2日のきのう。松山町の石川さんからメールが入り、
今週の土曜日の6月5日に「月山筍採りに行こう」と、いう連絡があったので、即「了解!」の返事をした
ところでした・・・。

早出の場所から、7キロ前後のタケノコが採れたという情報もあり、今からワクワクしているところです。
当日には、今年81歳になる布施さんも来るらしいのですが、その強い精神力にはただ驚くしかありません。

ところで、多分このブログを見ていると思われる「K2の飯澤さん!」集合時間は、駐車場2時30分なので、
もし来れたら、途中まで同行しましよう。6月3日(自宅にて)
TOP
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
池塘の雪はご覧の通りです
ことしも咲いていたリュウキンカとミズバショウ
「大平」台地のタケノコは、早出のものだけがポツポツ姿を見せ始めた
大好物のタケノコを食べた跡
この山の最強獣「クマ」の糞
前日綴ったように、去年まったく雪がなかった濁り沢には、まだ、これだけの雪が残っている。
で、あっても、山上の大ピラの雪の量は去年よりだいぶ少なく、夏の訪れは、今年は早いかも知れない。

さて、大ピラでのタケノコの生え具合はと言えば・・・陽当たりのいい早生場は、けっこう伸びた物も増えてきた
ものの、まだ芽出しのない所も多くあって様々でした。

話は変わって、帰りに前回の痙攣話になり、長岡さんや石川さんからの痙攣時によく効く、薬を紹介してもらっていた。
家に着くと、ちょうど向いの小内医院さんの奥さんがいたので、その日に手にすることができました。
                                 6月8日(はれ)

                                     因みにその薬とは
行程中、最難関の「濁り沢」を渡る前の布施さんと石川さん。と知らない人
2018/06/04 9:35
2014/06/09 10:47
2016/05/25 4:10
一年ぶりの月山は色々な草花が咲き始め、ちょうど今が見頃のようでした。

集合時間の2時半には、布施さんしか来ていなかったが、とりあえず2人で出発した・・・一時間ぐらい歩いて、
濁り沢に明かりを照らすと、雪の橋は崩れはじめ、渡渉するにもけっこう危ない状態になっていた。しかし今年は、
雪が少なかったか、川との段差があまりなく、今後はそんなに心配はいらないようだ。

きょうの採り場大ピラに着き、布施さんと別れ、カッパを着込み、いつもの竹林に潜り込むと、目の前に一本の
タケノコが明るく迎えてくれた・・・まだ出始めで数はそんなに生えていなかったものの、初っぱなにしては充分
楽しめた採取状況でした。

しかしながら帰りの下山時に、このところの運動不足がたたり足がつり、休み休み時間をかけ、やっとの思いで
車についた。が同行した布施さんがまだ帰っていなかったので心配した。後に長岡さんからの電話によると、
途中で会って一緒に帰ってきたらしく、安心しました。これからはスマホで連絡とり合うことにしよう。
                                    6月5日(はれ)                              
暗闇の青沢街道を走り、向芦沢から林道を抜けると、目前に鳥海山の全貌が大きく浮かんで見える。

こっちへ来るたび写真を撮っている此処は、庄内地方最奥にある集落「升田」。
県内でも有数な滝で知られる「玉簾の滝」のある地で、上の画像は、その滝の入口付近で撮ったものです。

これから向かう鳥海山をこうやって改めて眺めていると・・・これまでの此の山での楽しかった事や辛かった
事など、いろいろと想い出されるが、その中でも、天童市で割烹「こじま」を営んでいた、今は亡き小島さんと
釣りに行った時のことが、今でも鮮明に想い出される。

それは30数年前のとある日。足しげく通っていた日向川での釣りを終え、朝何ともなかった林道の道路が
突然!土砂崩れが起き、帰れなくなってしまった・・・小島さんの車ランドクルーザーにはスコップもノコギリも
何も付けてなく、唖然として途方にくれた。
やむなく助けを求め、「升田」の部落まで歩いて行くと、田んぼの水状態を見に来ていた人がいたので、
頼み込み、スコップをお借りし、三人で現場に戻り事なきを得ていた。
当日のその日は、村の祭りらしく支度もあり、忙しいさ中であっても、嫌な顔をせずに一緒になって、土砂や
雪を取り払ってくれたその人に、二人合わせた手持ちの少額金と少しの食べ物をお礼に渡し、帰っていた。

後に聞いた話によると、その有りがたい優しき人は、この村「升田」の村会議員らしいとの事でした。

話は、釣りの相棒小島さんになるが、新庄出身者でもある小島さんは、中学2年先輩で、当時、陸上部一の
長距離ランナーで自分が憧れていた人でした。また升田の出来事以来、小島さんの車には、電動ウインチが
装備されていた。そんな釣り好きな小島さんだったが、天の向こうにいっても釣りをしているのだろうか。
                             5月27日(くもり)

              ちなみに、土砂崩れに遭った場所はこの辺りです。
2019/06/02 12:03
2020/06/04
きょうの「大ピラ」光景…下山時撮影2021/06/05 10:00