ー山のプロの情報サイトー
2011キノコ採り3
2
この続きは下の4をクリックして下さい
上の一個は残してきた
*当店「大自然」まるかじりやでは、その日に採った物をその日のうちにご配送しております。
皆さまのご注文、心よりお待ちしております。
尚、このサイトからのご注文は下記のメールか電話にてお願い致します。

            メールアドレス sechihide@yahoo.co.jp
 
       「大自然」まるかじりや п@0233(22)5645
               山形県新庄市鉄砲町1−23
                              小野正敏      
                         

                            

幼菌2か所あったのが
せめての救いだ
2011キノコ採り3
ブログ 2009キノコ採り 2010キノコ採り 2011キノコ採り 2012キノコ採り 2013キノコ採り 2014キノコ採り 2015キノコ採り
2016キノコ採り 2017キノコ採り 2018キノコ採り 2019キノコ採り 2020キノコ採り 2021キノコ採り
2
3
4
5
6
7/19
〜
8/15
8/16
〜
9/18
9/19
10/1
10/2
10/14
10/16
10/23
10/26
11/12
〜
〜
〜
〜
小さいのは置いてきた
ようやく生えてきた
早生ナメコ
天然山菜、天然舞茸販売はこちらから
蜂に刺されてから一夜明け、右の頬が多少腫れていたが、
体調はすこぶる良好でなんの痛さもなかった。

9/15に見ておいたマイタケを回収してきました。
このところの気温の高さもあってマイタケの成長が
いくぶん早いようだ。
前回廻れなかったナラを見てきたが、芽出しは無かった。
                 9月19日(小雨)
四日前見ておいた、楽しみにしていたマイタケが成長過程で半腐れ状態に陥っていた。
詳しいことは分らないが、もう一本の幼菌のツブも腐っていた。
おそらく、異変な天候のせいと思われるが、2本とも多く出る木でもあり残念でならない。
だが、新たに3本の幼菌を見てきた・・・次回に期待しよう。 9月20日(あめ)
今回見つけた幼菌
柄が硬いままに傘が腐れ始めた
10月に入り山中の草木も色づき始め、吹き付ける風もだいぶ冷たくなった・・・

収穫はと言えば相変わらずのこのざまで、仕事はしたくとも出来ぬ状態が続いている。
しかし、自然相手に四の五の言っても始まらない「明日はガンバレ、ジジイ」。
                            10月1日(くもり)
ハナビラタケ
採らずに置いてきた
おそらく次回は無い
月山山域の山へ行ってきた。
前回見て置いた3か所へ向かったところ、1か所は残っていたが
他は誰かに取られ無くなっていた。
しかし昨日廻った山と違い、マイタケの姿がいくらか見え出し、先ずは安心した。
                           9月30日(あめ)
自分が通っている山で、一番遠い場所へ行ってきた。
この山も他と変わらず出具合が良くなかった。こんな奥まで来て、見つけたのは
たった一か所のみで、他には何の兆しも無かった。「どうしたことか」。
                     9月28日(はれ)
9/20見置きのマイタケを回収し車へ戻ったら、ライバル視している
相手の車が停めてあった。

歳の頃は70才前後と思われるその御仁は、庄内から来ているらしく
30数年この山へ通っていると言っていた。あまり奥へは行かず、もっぱら
手前周辺を廻っているようだが・・・「今日はお先に頂きました!!」
とは言っても、いつもは逆の立場でお相子だ。 9月27日(はれ)
「少し残したぞ〜」
今年初めてマイタケを採らせてもらった山域へ、12日ぶりに行ってきた。
上の画像4か所を採り、芽出しの幼菌2か所を確認してきた。

きょうは暑くも寒くもなく過ごしやすい山中だった。 9月26日(はれ)
いったい何日続くのだろう・・・この収穫の悪さ。

初っぱな幾らか採り、気を良くしたのもつかの間
その後、連日僅かの量しか採れず茸採りのプロとして
どうしようもない苛立ちを覚えています。

だが、今日の山で、毎年生えてくる早生木2か所に
一週間から10日遅れで、ようやくマイタケが
姿を現してくれました。まずは、ほっとした。9月25日(はれ)
少しでも有れば無いよりましだ
今年出番の木に、マイタケが出てこない・・・そろそろ芽出しがあっても
いいはずなんだが。
きょうは前回見ておいた3か所へ向かったが、1か所は誰かに取られ無くなっていた。
                9月24日(くもり)
マイタケは今のところ、かなり出具合が良くなく
このままの状態で推移すれば不作年になるに違いないだろうが、
この先の天候いかんでどう変わるか分らない。
豊作だった去年とまで行かぬとも、せめて平年作になってくれれば
有り難いのだが。
きょうは他に、芽出しの幼菌一個だけ見てきた。

ところで台風15号は本当に今夜直撃するのだろうか? 9月21日(あめ)
老体に鞭を打ち打ち、二日分の山を一日で廻ってきたがマイタケの収穫は0だった。

マイタケの最盛期でもあるこの時期に、全く採れなかった何てことは
この何十年記憶がない・・・「おったまげた」。

不作どころかこのまま行けば、
1992年(平成4年)と同じ凶作になりかねない。
  「どうしたもんか」。9月29日(はれ)
今日の収穫
前日は台風で山を休んだが、自分が住む新庄周辺は台風による影響は
あまりなかったようだ。

早生ナメコが顔をみせていた。早く出るナメコは美味しくないと
云われているが、はたして本当にうまくないか今晩試食してみよう。
             9月23日(くもり)
TOP
11/12
天然舞茸 舞茸風景 天然トビタケ ナラ枯れ
取材
TOP
8/15
〜
9/18
〜
10/1
10/14
10/23
〜
7/19
8/16
9/19
10/2
10/16
10/26
4
5
6
3
〜
〜
〜